FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年10月26日

気温13℃薄曇りで少々肌寒い中、ビジター11名、パークボランティア13名でミニ観察会をスタートしました。観察テーマは、昨年12月に実施した「タネの不思議Ⅰ」の続編「タネの不思議Ⅱ」です。今日は動物や人にくっつき、ヒッチハイクする「ひっつきむし」といわれる付着散布の種子や花の広場で見られる植物の果実や種子の不思議さを観察しました。

チカラシバ(イネ科)の小穂
チカラシバの小穂
チカラシバの小穂を観察しました。小穂の柄の部分には、細かい逆さトゲが多数あり、総苞毛(総苞片が変化した長い剛毛)にも微細なトゲがあり、付着散布の仕掛けが観察できました。

チカラシバの小穂-2
ためしにチカラシバの花序にセーターを触れてみました。小穂はセーターにひっつき、後もどりすることなく縫い目に潜りこみ、外れなくなりました。本当に「ひっつきむし」になってしまいました。

オオバコ(オオバコ科)の果実
オオバコの種子
今度はオオバコの果実を観察しました。オオバコの果実は熟すと中央部で横に割れる蓋果で、上半部は円錐状でややとがり、この部分が踏まれたり刺激を受けたりすると蓋のように外れ、中から6~8個の種子がこぼれます。

オオバコの種子-2
種子の付着散布の仕組みは、種子が多糖類のコートをまとい、濡れるとゼリー状に膨潤して、靴やタイヤにくっつき、あちこちに運ばれていきます。本当にそうなるのか種子を水で濡らしてみました。やはりゼリー状の物質で種子が覆われてくっつき、はがれないことがわかりました。

センニンソウ(キンポウゲ科)の果実
センニンソウの果実
センニンソウの種子は風散布です。くるくる渦巻く羽飾りを頭に戴いた果実はそう果で、ふわりと風に乗って散布されます。この羽毛状の毛は、雌しべの花柱に由来したもので、そう果が熟して乾くと空気を含んでふわふわになります。

オオバノキハダ(ミカン科)の果実
オオバノキハダの果実
オオバノキハダの果実は1㎝ほどの球形の核果で、熟すと黒色になります。ミカン科特有の強い芳香があり、ヒヨドリ、ツグミ、イカル、アカハラなどの野鳥により被食散布されます。鳥類の被食は、発芽または種子の後熟を抑制する果肉を取り除き,発芽しやすくする働きがあると言われています。

ノブドウ(ブドウ科)の果実
ノブドウの果実-1
ノブドウの種子も被食散布されます。しかし色とりどりの果実は、どれが熟しているのかわかりづらいので調べてみることにしました。ある文献では、「果肉や種子の状態から、濃い青や紫の果実は未熟で白い実が熟果であるようだ。」とも記載されていました。

ノブドウの果実
ノブドウの果実には、ノブドウミタマバエが寄生して、虫えいを形成するため、大きく膨らんだ果実のような虫えいが見られます。しかし、この株ではそのような果実がほとんどありませんでした。念のために、白い果実を確認してみると、やはり果実も種子も正常に成長しているようでした。時期が関係しているのでしょうか。

テントウムシ(テントウムシ科)の蛹
テントウムシの蛹
カマツカの果実の観察中に、葉の上で休息するナナホシテントウと思われる蛹を複数個見つけました。ナナホシテントウであれば年2化性であるため、これらの蛹は第二世代の成虫となり、寒い冬を休眠せずに越冬するはずです。

エゴシギゾウムシ(ゾウムシ科)の脱出孔
種子食昆虫エゴヒゲナガゾウムシ(ウシヅラヒゲナガゾウムシ)の脱出孔
エゴノキの果実の観察中に、直径1㎜位の孔が空いた種子を見つけました。孔が空いた種子の中を調べると、中にいた生物はすでに脱出していたので、この孔はエゴシギゾウムシの脱出孔であると判断しました。エゴシギゾウムシの成虫は、エゴの種子に産卵し、幼虫はその中身を食べて成長します。

トップ10
1.オオバコ(果実)
2.オオバノキハダ(果実)
3.カマツカ(果実)
4.センニンソウ(果実)
5.チカラシバ(小穂)
6.ノブドウ(果実)
7.カケス(野鳥)
8.テントウムシ(蛹)
9.エゴシギゾウムシの脱出孔
10.アオダイショウの脱皮殻

箱根PV 小川(治)・谷上



大涌谷(姥子往復)自然情報 2018年10月20日

お天気に恵まれて、気持ちの良い自然観察日和でした。
コース周辺の紅葉はまだまだでしたが、秋の花と実を観察できます。

金太郎岩展望台からの眺望
金太郎岩展望台からの眺望

キッコウハグマ(キク科)
キッコウハグマ (1)
花が咲かないまま実になってしまう「閉鎖花」ばかりで、今年は咲いていないか?どこかに咲いていないか?と、探しながら歩いていたところ、開花を見つけました。可憐な白い花に心を奪われます。

センブリ(リンドウ科)
センブリ(2)
胃薬として有名な二年草で、「千回お湯に振り出してもまだ苦い」ことから、この名前がついたそうです。金太郎岩付近のコース脇で見られます。

リンドウ(リンドウ科)
リンドウ(2)
つぼみもソフトクリームのようでかわいいです。先輩PVの方によると、今年は過去にない程たくさん咲いているよ!とのことです。舟見岩付近にて。

ヤマラッキョウ(ユリ科)
ヤマラッキョウ
紫色の花が丸く集まって咲いています。「ラッキョウ」という名前ですが、根が食べられる訳ではないようです。

ツルシキミ(ミカン科)
ツルシキミ
赤い実がひときわ目立っていました。ミカンの仲間で、葉の裏には油点があり、ちぎるとなんとなく柑橘系の香りがします。有毒植物です。

マユミ(ニシキギ科)
マユミ
実は熟すと4つに割れて、中から赤い種皮に包まれた種がぶら下がって見えます。和名は「真弓」で、材がよくしなり、昔はこの木を使って弓を作ったそうです。

ムラサキシキブ(シソ科)
ムラサキシキブ
きれいな紫色の実がついていました。実の美しさを「紫式部」に例えたことが、和名の由来と言われています。


本日のトップ10
1. リンドウ
2. キッコウハグマ
3. ヤマラッキョウ
4. センブリ
5. リュウノウギク
6. ムラサキシキブ(実)
7. マユミ(実)
8. ツルシキミ(実)
9. エナガ(野鳥)
10. ヒメツチハンミョウ(昆虫)

箱根PV 石塚

金時山自然情報 2018年10月11日

 色々な色の花が沢山見られました。白色の花は何と言ってもウメバチソウです。いつもの所に例年より沢山咲いていました。なんだか嬉しくなりました。ダイモンジソウは登山道にひっそり咲いていました。よく見ないと見逃しそうです。リュウノウギクが咲き始め、シロヨメナは未だ咲いていました。紫色の花はリンドウです。登山道脇で沢山見ることが出来ました。ヤマトリカブトも紫の花を付けていました。黄色の花はアキノキリンソウです。色とりどりの花に堪能した観察会でした。

ウメバチソウ  「ユキノシタ科」
今年はいつもの年より沢山咲いていました。減少気味ですので大切にしたいです。名前の由来は花の形が紋章のひとつの梅鉢に似ているから。
ウメバチソウ金時181011

ダイモンジソウ 「ユキノシタ科」
登山道に咲いていました。ひっそりと咲いているのでよく見ないと見逃しそうです。花は5枚で花弁の下2枚が細長く「大」の字に似ているので大文字草。
ダイモンジソウ金時181011

シオガマギク 「ゴマノハグサ科」
登山道の脇がシオガマギクのお花畑でした。同じ仲間のトモエシオガマ、ハンカイシオガマも金時山で見られます。
シオガマギク金時181011

リンドウ  「リンドウ科」
登山道脇に沢山咲いていました。この紫色の花は金時山の秋の渋さを感じます。根は古くから健康胃剤に使用され、熊胆よりも苦く、竜の肝に似ることがリンドウの名前の由来。
リンドウ金時181011

ヤマトリカブト  「キンポウゲ科」
分岐からの登りに見かけました。関東地方の特産種です。綺麗な花ですが全草に毒があります。
ヤマトリカブト金時181011

リュノウギク  「キク科」
日当たりの良い金時山周辺に沢山咲いていました。一番菊らしい野菊です。葉を揉むと竜脳(シュンギクのような)香りがします。
リュウノウギク金時181011

センブリ  「リンドウ科」
分岐点近くの日の当たるところに咲いていました。同じリンドウ科のリンドウに較べてセンブリは地味に見えます。別名は当薬、苦草。全草に苦味があり、昔から健胃剤として有名。千回降り出してもまだ苦味が消えないことからセンブリ(千振)。
センブリ金時181011

サラシナショウマ  「キンポウゲ科」
公時神社周辺に沢山咲いていました。一つ一つの花が集合した状態はブラシのように見えます。名前の由来は若い葉をゆで、水にさらして食用にしたことによる。
サラシナショウマ金時181011

ツルリンドウ  「リンドウ科」
公時神社からの登りで見かけました。赤い果実は渋い赤色です。野山の赤い宝石、ルビーと言う人もいます。
ツルリンドウ金時181011

アサギマダラ
乙女峠で見かけました。タイアザミの蜜を吸っていました。これから南に渡るために栄養を取っているのでしょう。無事に渡って欲しいです。
アサギマダラ金時181011

本日のトップ10
1.ウメバチソウ(満開)
2.ダイモンジソウ(花)
3.シオガマギク(花)
4.リンドウ(満開)
5.ヤマトリカブト(花)
6.リュウノウギク(花)
7.ホトトギス(花)
8.サラシナショウマ(花)
9.ツルリンドウ(果実)
10.アサギマダラ(昆虫、吸蜜)

箱根PV 原田

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年10月12日

夏の暑さも終わり、季節はいつの間にか秋です。薄曇りで気温17℃とやや寒い箱根です。ビジターさん11名(内初めて参加の方5名)に参加いただき、パークボランティア13名、合計24名のミニ観察会を開催しました。
本日のテーマは「ビジターセンター付近で見られる秋の野菊」です。

一般的に「野菊」というと、キク科のキク属やシオン属の花のことを指します。箱根には10種類ほどの野菊が咲いています。
今日はビジターセンター周辺でよく見かける5種類の野菊を中心に観察しました。

子どもの広場のススキの中に、終わりかけのシラヤマギクがひっそりと残っていました。シラヤマギクは、花びら(舌状花)がまばらで、上にかたまって咲きます。下の葉には翼がある長柄があって、スペード型であることが特徴です。
シラヤマギク VC181012
シラヤマギク キク科 シオン属

高原ホテルへ向かう右側の山林部でシロヨメナの花畑が見られます。
シロヨメナは、箱根ではノコンギクに次いでよく見られる野菊です。
日陰に咲く花です。舌状花は11個以下白色ですが、花の形は株によって様々です。葉は3脈が目立ちます。
シロヨメナ9
シロヨメナ キク科 シオン属

ノコンギクは箱根で最もよく見られる野菊です。この季節ビジターセンター周辺のいろいろな所で見ることができます。
「野」に咲く「紺」という「菊」で、淡い紫色の花を咲かせるものが多いですが、白い色もあります。多数の頭花が茎の上部に同じ高さに集まって咲きます。
ノコンギク VC181012
ノコンギク キク科 シオン属

ユウガギクは夏の初めから9月頃まで咲きます。花の広場にまだユウガギクが残っていました。
「柚(ゆず)の香の菊」と呼ばれますが、実際はほとんど香りがしません。
下部の葉は鳥の羽のように切れ込むのが特徴です。花をつける枝は横に広がって出ます。
ユウガギク VC181012
ユウガギク キク科 シオン属

リュウノウギクは一番遅く咲き始める晩秋の野菊です。白い花が霜にあたり、だんだんと紅みを帯びてきます。
リュウノウギクの名は、茎や葉の香りが、中国から伝わった竜脳(リュウノウジュから採れる精油)という香料に似ていることに由来します。
実際には、葉を揉むと樟脳に近い香りがし、成分としても樟脳が多いとのことです。
リュウノウギク VC181012
リュウノウギク キク科 キク属

センブリが咲き始めました。2cmほどの小さな花ですが、上品で高貴さが感じられる花です。
二年草なので、発芽した年は成長が遅く小さな草のまま冬を越します。2年目の秋になってようやく花茎を伸ばし花が咲きます。
センブリ VC181012
センブリ リンドウ科 センブリ属

トラマルハナバチがタイアザミの蜜を吸いに来ていました。
花から花へと飛びわたりながら蜜を集めます。非常に毛深いため花粉が付きやすく花粉の媒介に役立っています。
トラマルハナバチVC1810121
トラマルハナバチ ミツバチ科

アキノキリンソウに大きな果実のようなものがついて目立ちます。
これはアキノキリンソウミフクレフシという虫えい(虫こぶ)です。
この虫えいは、アキノキリンソウミタマバエによって、果実に形成される、球形の虫えいです。
内部には複数個の虫室があり、それぞれに1匹の黄色い幼虫が入っています。
アキノキリンソウミフクレフシ VC181012
アキノキリンソウミフクレフシ 虫えい

ビジターセンターの入り口近くの庭にあるガマズミの実が、今年は素晴らしいです!今見頃ですので、ぜひ一度見てください。
ガマズミ2 VC181012

本日のトップ10
1.  シラヤマギク  花
2.  シロヨメナ  花
3.  ノコンギク  花
4.  ユウガギク  花
5.  リュウノウギク  花
6.  センブリ  花
7.  リンドウ  花
8.  モズ  野鳥
9.  アキノキリンソウミフクレフシ  虫えい
10. トラマルハナバチ  昆虫

箱根PV 高橋

【仙石原】2018年10月13日(土)の情報

 パークボランティア11人での観察です。

 2017年1月に木が伐採され、ゴルフ場が一望できるようになりました。その地で、ヤマトリカブトの花が多く観察できました。

 テンが残したフンがあり、観察すると、アケビの種が混じっているようでした。

 この日は何かのランナーと多くすれ違い、ぶつかりそうになりました。

 温湯(ぬくゆ)の水温は14度、外気温は21度でした。


▼ゴヨウアケビ
仙石原_ゴヨウアケビ


▼ツリバナ
仙石原_ツリバナ2


▼ヤマトリカブト
仙石原_ヤマトリカブト2


▼ヤマラッキョウ
仙石原_ヤマラッキョウ2


▼ツルリンドウ
仙石原_ツルリンドウ2


▼ホトトギス
仙石原_ホトトギス2



<参考>
本日の観察ベスト 10

1 ゴヨウアケビ
2 ヤマトリカブト
3 ツリバナ
4 ツルリンドウ
5 ホトトギス
6 コブシ
7 ミズキ
8 シロヨメナ
9 ワレモコウ
10 ツルニンジン




<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S

 

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

FC2Ad