FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路コース  2016年12月5日(月)

早くも本年も最後の湯坂路の日になりました。
今回は湯坂路が広く草刈りされて生情報には向かないとのことのことでした。そこで、一度も入り込むことがなかった樹林下のシダを観察することに致しました。しかし、ゴミが落ちておりグループの仲間が見兼ねて沢山収集してくださいました。まさにボランテアのお手本です。シダは難しいを実感しながらも今まで出会えなかったシダに出会い収穫がありました。
午後は次年度の打ち合わせを「ボランテア、ステーション」にて行いました。1月、2月はお休み、3月、4月は第4月曜日に行い、5月からは第1月曜日にしメンバーの担当月など決めました。

クマワラビ(オシダ科)
この季節は葉の先に付いていた胞子のう群の付いていた葉は胞子を付けない葉よりも先に枯れてしまいます。
クマワラビ湯坂161205

ナンゴクナライシダ(オシダ科)
やや湿った樹林下で見られます。湯坂路周辺ではここでのみの観察でした。時間に余裕をもってよく観察したいものです。
ナンゴクナライシダ湯坂161205

キジノオシダ(キジノオシダ科)
常緑のシダで栄養葉と胞子葉の2形です。すでに胞子葉は枯れていました。葉は薄い皮質で光沢があります。
キジオシダ湯坂161205

ミゾシダ(オシダ科)
普通に見られる夏緑性のシダ。全体に毛が生えています。紅葉した時期もなかなかのものですがまだ緑です。
ミゾシダ湯坂161205

ハキダメギク(キク科)
先日の雪の下でも無事に耐えていたのでしょうか?花の少ない時期に花が見られました。
ハキダメギク湯坂161205

ツルリンドウ(リンドウ科)
足元につややかな果実がひときわ美しくみられました。
ツルリンドウ湯坂161205

 今月のトップ10
1、 ランヨウアオイ(ウマノスズクサ科)
2、 キジノオシダ(キジノオシダ科)
3、 ホソバトウゲシバ(ヒカゲノカズラ科)
4、 ツルリンドウ(リンドウ科)
5、 ツルシキミ(ミカン科)
6、 ハタジュクイノデ(オシダ科)
7、 ナンゴクナライシダ(オシダ科)
8、 オオハナワラビ(ハナヤスリ科)
9、 ベニシダ(オシダ科)
10、 イノデモドキ(オシダ科)  

箱根VP 山本絢子
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad