FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年11月25日

54年ぶりの11月の大雪!お客様も来られないかと思っていましたが、なんと7名ものビジターさんに来ていただきました。パークボランティア6名、ビジターセンター職員1名、合計14名のミニ観察会でした。本日のテーマは「ビジターセンター周辺園地冬鳥の飛来地」です。

ビジターセンター周辺は最高の雪景色です。
雪景色のビジターセンター

ヒメシャラの枝に積もった雪が太陽に反射してとても美しいです。
ヒメシャラ VC161125

全員長靴を履いて雪の中をビジターセンター園地から芦ノ湖方面に歩きました。この季節の雪もなかなか楽しいものです。キツネの足跡がありました。
キツネの足跡 VC161125

雪の中のイロハモミジの紅葉はなかなか見られない光景です。
イロハモミジ VC161125

芦ノ湖キャンプ村にはアトリの大群が来ていました。ヒメシャラやモミジの実を食べています。あまり移動しないでずっと木の実を食べていましたので、じっくりと観察することができました。
アトリ16112501

芦ノ湖には多くの水鳥が来ています。ホシハジロ、ヒドリガモ、オオバンが見られました。ホシハジロは赤みのある茶色の頭、ヒドリガモは頭に黄色の筋、オオバンは全身黒くくちばしと額が白いのが特徴です。
ホシハジロ、ヒドリガモ16112501
この他、芦ノ湖周辺では、アオサギ、ツグミの群れ、オカヨシガモなども見られました。

芦ノ湖から白百合台園地を通ってビジターセンターに戻ります。途中、ムラサキシキブの実が雪の中で、それは美しく清楚に輝いていました。
ムラサキシキブ VC161125

花の広場ではカシラダカが雪の中に落ちた木の実を食べていました。時々冠羽が立って見えるのが名前の由来です。
カシラダカ16112501

姿は見れませんでしたが、つどいの原っぱでベニマシコの鳴き声を聞きました。

本日のトップ10
1.  アトリ
2.  カシラダカ
3.  ベニマシコ
4.  ツグミ
5.  オオバン
6.  ホシハジロ
7.  ヒドリガモ
8.  ツルリンドウ
9.  マユミ
10. ムラサキシキブ

箱根PV 高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する