箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年10月28日

実りの秋です。ビジターセンター周辺でもいろいろな木の実が見られます。今日は初夏に観察した「いろいろな木の実」の秋バージョンです。雨にもかかわらず11名のビジターさんに参加いただきました。パークボランティア8名、合計19名のミニ観察会でした。

サンショウの実は、秋に赤く熟して二つに裂け、中から黒くてつやのある種子があらわれます。果皮の赤と種子の黒が二色よく目立ちます。果皮は乾燥させて粉に挽いて香味料や七色唐辛子に使われます。
サンショウ VC161028

初夏以降、アセビの種を散らしたい実は上向きになります。12月頃から春にかけて少しずつ開口部を広げ細かい種を順次送り出します(風散布)。
アセビ VC161028

ウツギもまだ種を飛ばす準備中です。11月~12月に「湯飲み茶わんの箸」が外側に広がり、塩コショウを振るように風にゆれて小さな種を散らします。
ウツギ VC161028

花の広場ではアオツヅラフジがたくさんの実をつけています。黒い実に白い粉のようなものがついています。これも表面で紫外線を反射するのに役立っています。多くの鳥は紫外線まで見えているようです。
アオツヅラフジ VC161028

クサギは赤と藍色の二色効果で鳥の目を引きます。濃い藍色の実は天然のブローチのように輝きます。赤い星形の部分は萼片が厚くなったものです。
クサギ VC161028

ビジターセンター周辺のいろいろなところでムラサキシキブの実が見られます。上品な紫色に熟してとても美しいです。
小粒な種はメジロの口にも容易く入ります。
ムラサキシキブ VC161028

このほか、ガマズミ、カマツカ、ニシキギ、ツルウメモドキなど多くの実が観察できます。たくさんの秋の木の実を楽しんでください。

本日のトップ10
1.  サンショウ  実
2.  クサギ   実
3.  カマツカ  実
4.  アオツヅラフジ  実
5.  ガマズミ  実
6.  リュウノウギク  花
7.  リンドウ  花
8.  ヤマガラ  野鳥
9.  イヌシデメフクレフシ 虫えい(虫こぶ)
10. キシャヤスデ  昆虫(節足動物)

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad