箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年9月23日

秋の長雨が続いています。今日の箱根は雨で、予報では大雨注意報でした。そんな悪天候の中でも9名のビジターさんに参加いただきました。パークボランティア9名、合計18名のミニ観察会でした。
本日のテーマは、「果実の色」です。
箱根ビジターセンター周辺には赤い色、黒い色の果実がたくさんあります。果実の色の役目とは何でしょうか?

今年は赤いやまぼうしの実が豊作です。赤い色は視覚で食べ物を探す鳥に対して見つけてもらい、種子を遠くに運んでもらって、子孫を増やすためでしょう。
ヤマボウシ VC160923

ビジターセンター入口近くのガマズミも今年は沢山の実をつけています。
P1120773ガマズミ

ミズキは、果実が黒色、花柄は赤色で、二色効果で鳥にアピールします。
ミズキ VC160923

黒い色の果実は人間には目立ちませんが、黒い果皮は紫外線を反射します。多くの鳥は紫外線が見えますので葉の中の黒い果実は鳥には目立ちます。

サンカクヅルの果実が黒く熟しています。酸味と甘みのバランスがとれていて美味しいです。
サンカクヅル VC160923

ノブドウです。色とりどりの実がついています。実の一部はノブドウミタマバエなどが寄生して虫こぶになります。
ノブドウ VC160923

ミツバアケビの紫色の実が食べ頃です。サルなどの動物が食べて、糞に出た後、さらに種子はアリに運ばれて分散します。
P1120802ミツバアケビ

本日のトップ10
1.  ヤマボウシ  実
2.  ガマズミ  実
3.  ミズキ  実
4.  カラスザンショウ  実
5.  サンショウ  実
6.  ホトトギス  花
7.  サンカクヅル  実
8.  ミツバアケビ  実
9.  サルナシ  実
10. ノブドウミフクレフシ 虫えい(虫こぶ)

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad