箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年7月22日

梅雨が明けた途端、あいにくの雨で肌寒い箱根です。ビジターさん5名、パークボランティア9名、合計14名のミニ観察会でした。
本日のテーマは「富士箱根要素(フォッサマグナ要素)の植物群から」でした。
箱根のあるフォッサマグナ地域には分布が限られた植物が30数種類あります。その中のひとつに、牧野富太郎が命名したハコネグミがあります。花は5月頃に咲きます。写真は花が咲いていた頃のものです。
ハコネグミ VC160722

子供の広場に行く道路右側にはキハダが実をつけています。落ちたキハダの実を踏み潰したのか、特有の強い芳香が一面に漂っていました。
キハダの実 VC160722

野鳥小屋の池には、サンカクイが群生していました。そこにオニヤンマでしょうか、まさに羽化を始めていました。オオシオカラトンボも飛来していました。
オニヤンマの羽化 VC160722

ビジターセンター周辺では現在ノリウツギが満開です。白い円錐形の花序はそれだけでノリウツギとわかります。
ノリウツギ2 VC160722


自然学習路では、ようやくネムノキが満開を迎えました。
ネムノキ VC160722

ウツボグサも咲き始めています。
ウツボグサ VC160722

夏至が過ぎてから咲き出すタマアジサイも開花を始めました。
タマアジサイ1

本日のトップ10
1. ハコネグミ 葉
2. キハダ 実
3. タマアジサイ 花
4. ノリウツギ 花
5. ウツボグサ 花
6. ツチアケビ 実
7. ネムノキ 花
8. サルナシ 実
9. ヘクソカズラツボミマルフシ 虫こぶ
10. オニヤンマの羽化

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad