FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年5月27日

朝からの雨がまだ少し残っていてやや湿気のある箱根です。ビジターさん6名、PV12名、合計18名のミニ観察会です。
本日のテーマは「黄色い花」です。VC周辺にも黄色い花がたくさん咲いています。花の色の役目はなんでしょうか?日本の野生種の花のうち黄色い花は約30%を占めるそうです。
コウゾリナです。「顔剃菜」と書きます。茎の剛毛の感触が剃刀に似るためという説があります。
コウゾリナ VC160527

ニガナもVC周辺にはたくさんあります。黄色は昆虫から見れば目立つ色です。そのため受粉を昆虫に依存する植物は昆虫が来てくれる確率の高い黄色の花を咲かせるよう進化してきたと考えられます。
ニガナ 160527

ジシバリは、茎の部分が地面の下を一面に伸びて長く這います。「地面を縛る」ことから「地縛り」になりました。
ジシバリ 160527

箱根町の花にも指定されているサンショウバラが花をつけています。一日花で多くはその日のうちに散ってしまいます。次から次に咲くので長く咲いているように見えてしまいます。
サンショウバラ VC160527

ミズキも箱根のいたるところで見られます。白い花がたくさん咲いて遠くからよく目立ちます。ミズキの花を見ると箱根の春の息吹を感じます。
ミズキ 160527

ヤマボウシの葉の上でヒメアシナガコガネが子作りをしていました。
ヒメアシナガコガネ 160527

本日のトップ10
1. ウマノアシガタ
2. コウゾリナ
3. ニガナ
4. ジシバリ
5. ハンショウヅル
6. ミズキ
7. ニシキウツギ
8. ヤブデマリ
9. ホトトギス (野鳥)
10. ヒメアシナガコガネ (昆虫)

箱根PV 高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する