FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復) 2021年6月26日(土)

本日は梅雨の貴重な晴れ間です。
日差しもあり少し暑い中でしたが、大涌谷コースの担当2名で観察してきました。

オニシバリ(ジンチョウゲ科)
オニシバリ2
赤く熟した実がたくさん付いています。
少し暗い林の中で、きれいな赤い実がとても目立ちます。
金太郎岩展望台へ向かう道で見られます。

ミヤマイボタ(モクセイ科)
ミヤマイボタ2
コースのあちこちで、白い花を咲かせています。
ミヤマイボタ
花には芳香があり、様々な昆虫が集まってきて、とてもにぎやかです。

金太郎岩展望台から芦ノ湖の眺望
展望台からの風景
だんだん曇ってきましたが、雨は降らなさそう。

ノハナショウブ(アヤメ科)
ノハナショウブ
菖蒲園などで見られるハナショウブは、この「ノハナショウブ」を観賞用に品種改良したものです。
花の花弁の中央にある黄色い線がポイント。
舟見岩付近の草原で見られます。

ナワシロイチゴ(バラ科)
ナワシロイチゴ
明るい葉の色とピンク色の花がきれいです。この後、実が赤く熟します。
コース中の日当たりの良いところ、舟見岩付近の草原で見られます。

スノキ(ツツジ科)
スノキ
5月頃に白い釣鐘状の花が咲き、現在は実になっています。
葉には「シュウ酸」という成分が含まれていて、かむと酸っぱい味がします。
舟見岩付近で見られます。

キツネノボタン(キンポウゲ科)
キツネノボタン
黄色いつやつやの花弁と、金平糖の様な実が見られます。
葉が牡丹の葉に似ていることから、この名前が付いたそうです。
探勝路脇、姥子駅付近で見られます。

アリノトウグサ(アリノトウグサ科)
アリノトウグサ
あまり目立ちませんが、小さい赤い花がたくさんついています。
舟見岩付近の草原で見られます。

本日のトップ10
1. ミヤマイボタ
2. キツネノボタン
3. ノハナショウブ
4. ナワシロイチゴ
5. アリノトウグサ
6. オニシバリ(実)
7. スノキ(実)
8. ヤマグワ(実)
9. ジャコウアゲハ(昆虫)
10. ウグイス(鳴声)

箱根PV 石塚
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する