FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2021年5月28日

昨日から降り続いた激しい雨も朝には止み、気温19℃、絶好の観察日和です。ビジターセンター周辺は初夏の花に変わりつつあります。本日はパークボランティア6名が参加して、自然学習路~野鳥の森~白百合台園地を歩き、咲き始めた花や、出始めた昆虫などを観察しました。

ホオノキ モクレン科 モクレン属
ホオノキ雄性期2日目 VC20210528
ホオノキ開花2日目

ホオノキが咲きはじめました。ホオノキは1つの花に雄しべと雌しべがある両性花で、自らの花粉によって受精しないような工夫をしています。
開花1日目には、雌しべが熟し反りかえり花粉を受け入れます。その様子は花弁が大きく開いていないので下からは見ることができませんでした。開花2日目には、めしべが閉じ、雄しべが開き花粉を放出します。3日目には雄しべが散り始めます。花の命は短く数日で茶色く変色してしまいます。

ホオノキ雄性期3日目 VC20210528
ホオノキ開花3日目

シロジュウシホシテントウ テントウムシ科
シロジュウシホシテントウVC20210528
シロジュウシホシテントウがどこからか現れました。黄褐色地に白色の紋があります。大きさは5mm前後でしょうか。可愛らしい姿に見入ってしまいます。

エゴツルクビオトシブミ オトシブミ科
エゴツルクビオトシブミ VC20210528
自然学習路のエゴノキの葉では、エゴツルクビオトシブミが作った揺籃が数多く観察できます。エゴノキの葉に静かに近づいて目を凝らすと、揺籃作成中のエゴツルクビオトシブミを見つけることができます。

ニシキウツギ スイカズラ科 タニウツギ属
ニシキウツギ VC20210528
ビジターセンター周辺の多くの場所でニシキウツギが咲き始めました。花の初めは、薄い黄白色で、やがて紫紅色になります。ニシキウツギもビジターセンター周辺の初夏を彩る花の一つです。

マメザクラ バラ科 サクラ属
マメザクラ果実 VC20210528
マメザクラの果実が食べ頃になり、光り輝いていました。花が小さい割には果実は大きく、黒紫色に熟します。鳥たちのご馳走になるでしょう。

サンショウバラ バラ科 バラ属
サンショウバラとアオハムシダマシ VC20210528
この季節、箱根で最も見たい花のひとつがサンショウバラです。あいにく昨日の暴風雨で、かなり花が落ちていました。サンショウバラの花には、アオハムシダマシやハナバチの仲間がひっきりなしにやってきます。今日も、残った大きな花にアオハムシダマシが来て蜜を吸っていました。アオハムシダマシは青、緑、赤、紫などに輝く虫で、国内で最も美しい甲虫のひとつと言われています。

オオバウマノスズクサ ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属
ジャコウアゲハの卵 VC20210528
ジャコウアゲハがオオバウマノスズクサの葉裏に卵を産み付けていました。卵は孵化して幼虫になり、幼虫は成長する過程でこの毒の葉を食べて、毒を体内に蓄積します。天敵の鳥などに食べられないために化学防衛していると言われています。

ハンショウヅル キンポウゲ科 センニンソウ属
ハンショウヅル VC20210528
ハンショウヅルが満開になっていました。花は葉腋から長い花柄を出して下向きに紫褐色に一個つけます。花弁はなく、萼片が花弁状に見えます。名前は、下向きに咲く花の形を半鐘にたとえたことに由来しています。時々半鐘の中に潜ったハナバチの仲間の姿を見かけることがあります。

ツマキチョウ シロチョウ科
ツマキチョウ♀VC20210528
ツマキチョウが食草のイヌガラシに飛来し、花のすぐ下のところに腹の先をつけて、卵を産み付けていました。ツマキチョウはこの時期毎年のように観察しますが、産卵を見たのは初めてです。年1回、3月~5月に成虫が出現する「スプリング・エフェメラル (春のはかない命)」の蝶の一つです。

タンポポハフクレフシ 虫えい
タンポポハフクレフシ (1) VC20210528
タンポポの葉に、紫色で少し膨らんだような丸い模様ができていました。これはタマバエの1種により、タンポポの葉に形成された虫えいで、タンポポハフクレフシといいます。

葉裏を拡大鏡でよく見ると、幼虫室の底部は半透明の薄い表皮でできているため、その中にいる幼虫が透けて見えます。成熟した3齢幼虫は、まもなく葉裏の幼虫室の底部に脱出孔を開け、脱出して地面に潜ります。
タンポポハフクレフシ (2) VC20210528

ニガナ キク科 ニガナ属
ニガナ VC20210528
ビジターセンター周辺には、コウゾリナ、ニガナ、イワニガナなどの、たくさんの黄色い花が咲いています。日本の野生種の花のうち、黄色い花は約30%を占めるそうです。黄色は昆虫から見れば目立つ色です。そのため、受粉を昆虫に依存する植物は、昆虫が来てくれる確率の高い黄色の花を咲かせるよう進化してきたと考えられます。

本日のトップ10
1.  ホオノキ  開花
2.  サンショウバラ  開花
3.  ハンショウヅル  満開
4.  ノアザミ  満開
5.  コウゾリナ  満開
6.  ニガナ  満開
7.  ツマキチョウ  イヌガラシに飛来、産卵
8.  ジャコウアゲハ オオバウマノスズクサに飛来、葉に卵を産み付け
9.  タンポポハフクレフシ  虫えい
10. ホトトギス 囀り

箱根PV  高橋


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する