FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2021年4月19日湯坂路情報

毎月第一月曜日の活動ですが、今年度初めての湯坂路自然情報は第三月曜日からスタートしました。鷹ノ巣山までは、防火帯のススキなどが刈られ、春の花々が日の光をいっぱいに浴びてたくさん咲いていました。タチツボスミレを始めとして、ニオイタチツボスミレ、マルバタチツボスミレ、ツボスミレ、フモトスミレなど、スミレの街道でした。他にもミツバツチグリやナツトウダイ、クサボケなどが咲いていました。千条の滝への下り道では、マヒワの大群に出会いました。木々に止まり何かをついばみながら移動していくのを、しばらく皆で観察しました。
今回も千条の滝への下り道は、丸太や石などが配置してあるのでとても歩きやすかったです。改めて補修隊の皆さんのご苦労に感謝いたします。

カキドオシ (シソ科カキドオシ属)
20210419湯坂道カキドオシ
湯の花別荘地入口に咲いていました。垣根を通りぬけて伸びていくので、カキドオシと言われます。次々と各節に花をつけていくので、比較的長い間花を楽しめます。花の形はシソ科の特徴をよく表していて、下唇が飛び出し、虫を呼ぶ赤い斑点が目立ちます。

クサボケ(バラ科ボケ属)
20210419湯坂道クサボケ
草刈りされた防火帯で朱色の花を咲かせていました。日本の固有種で学名はChaenomeles japonicaです。ボケに比べて全体に小型で、樹高は50センチ前後です。花にはめしべとおしべがある両性花とおしべだけの雄性花があります。

イロハモミジ (ムクロジ科カエデ属)
20210419湯坂道イロハモミジ
紅葉で有名なイロハモミジですが、見落としてしまいそうな小さな赤い花も可愛らしいです。オオモミジの花より早く咲き始めます。咲き始めた花は、展開したばかりの新葉とともに青空に映えてとてもきれいでした。イロハモミジの名の由来は、葉の裂片を「いろはにほへと」と数えたことからです。

ナツトウダイ (トウダイグサ科トウダイグサ属)
20210419湯坂道ナツトウダイ
防火帯にたくさん咲いていました。春に花が咲くのにナツトウダイといいます。花は杯状花序と呼ばれるトウダイグサ科独特の形をしていて、ナツトウダイは、三日月形の線体の先端が細長くとがっています。

アケボノスミレ (スミレ科スミレ属)
20210419湯坂道アケボノスミレ
浅間山への登り道と千条の滝への下り道に咲いていました。明るい紅紫色で丸い花弁の優しい印象の花です。花の時期に葉は完全には展開していません。

フモトスミレ (スミレ科スミレ属)
20210419湯坂道フモトスミレ
千条の滝への下り道ではフモトスミレの群落に出会いました。ツボスミレに似た小型のスミレで、葉の裏が紫色を帯びることや無茎性で株立ちしないことで区別できます。

コツバメ (シジミチョウ科)
20210419湯坂道コツバメ
鷹ノ巣山への登り道、地面に止まっていました。じっとしていたのでよく観察することができました。茶色で地味にみえますが、よく見ると微妙な色の濃淡がありきれいです。早春に一回だけ出現するチョウです。

ルリシジミ (シジミチョウ科)
20210419湯坂道ルリシジミ
千条の滝近くでルリシジミに出会いました。ルリシジミも地面に止まってじっとしていました。裏面の翅は白っぽく、ヤマトシジミに比べて黒色点は少なく小さいです。

本日のトップテン
1 アケボノスミレ(花)
2 フモトスミレ(花)
3 マルバタチツボスミレ(花)
4 ニオイタチツボスミレ(花)
5 エイザンスミレ(花)
6 ミツバツチグリ(花)
7 オオルリ(さえずり)
8 マヒワの大群(給餌中)
9 コツバメ(静止)
10 ヒメツチハンミョウ(歩行)

箱根PV篠崎






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する