FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2021年4月23日

「目に青葉、山ほととぎす・・・・・」、箱根の春は新緑がまぶしいぐらいです。春を彩る花々も次々に咲き始めています。本日はパークボランティア7名が参加し、花の広場~子供の広場~野鳥の森を歩きました。

シロヤシオ ツツジ科 ツツジ属
シロヤシオ VC20210423
シロヤシオが見頃を迎えています。何とも清楚で品があります。葉が5枚輪生するのでゴヨウツツジ、老木になると木肌が松にそっくりなのでマツハダの別名を持ちます。シロヤシオの花弁の根元には、昆虫を引き付ける緑色の斑点があります。

ヤブデマリ ガマズミ科 ガマズミ属
ヤブデマリ VC20210423
いつもは5月終わり頃に咲くヤブデマリが、もう蕾から装飾花を出し始めていました。今年の季節の早さにはびっくりです。

ヤマサギゴケ サギゴケ科 サギゴケ属
ヤマサギゴケ VC20210423
ビジターセンター周辺の多くの場所でヤマサギゴケがたくさん見られます。虫媒花は香りで昆虫を引きつけ、シロヤシオと同じく蜜標(みつひょう)と呼ばれる模様で蜜のありかに誘導します。

アケビ アケビ科 アケビ属
アケビ VC20210423
ビジターセンター近くの花の広場でアケビの花が咲いています。アケビは雌雄同株で、雌雄異花です。やや下垂した雌花にはバナナのようなアケビの雌しべが放射状についています。小さなミカンのような房状で、密に付いて下垂しているのが雄花です。

ハコネグミ グミ科 グミ属
ハコネグミ VC20210423
今年もハコネグミの花を観察することができました。箱根には、分布が限られたフォッサマグナ要素の植物が30数種類あり、その中のひとつにハコネグミがあります。葉の表面に淡黄褐色の星状毛が密生し、葉裏には銀色の鱗状毛があるのが特徴です。

ズミ バラ科 リンゴ属
ズミ VC20210423
子供の広場手前のズミは淡い紅色の蕾がいっぱい出ています。蕾は、花になると白色に変わります。このツートンカラーが何とも言えず楽しみです。

クリメコブズイフシ 虫えい
クリメコブズイフシ3 VC20210423
自然学習路にあるクリノキに、赤い果実のようなものが付いていました。よく見るとこれは虫えい(虫こぶ)です。

クリメコブズイフシ VC20210423
この虫えいは、クリタマバチによって、クリの新芽が、肥大したこぶ状に形成されたものです。虫えいは萌芽とともに出現し、陽光面はきれいな桃赤色になり、発育するにつれて緑色に変わり成熟します。何とも不思議な美しさです。

ハナイカダ ハナイカダ科 ハナイカダ属
ハナイカダ VC20210423
3月に、新葉の中に蕾をつけていたハナイカダは、もう葉が展開して、しっかりと花をつけていました。

ジロボウエンゴサク ケシ科 キケマン属
ジロボウエンゴサク VC20210423
野鳥の森にジロボウエンゴサクが咲いていました。よく似た花にムラサキケマンがありますが、花の色が淡いピンク色であること、また葉の形が異なるので見分けがつきます。全草に有毒成分を含み、誤って食べると嘔吐などを惹き起します。

爽やかな風と、多くの樹木の芽吹き、次々にいろいろな花が咲き、夏鳥も飛来し、箱根はとても楽しい季節を迎えつつあります。

本日のトップ10
1.  シロヤシオ  開花
2.  ヤマサギゴケ  開花
3.  ムラサキケマン  開花
4.  ハコネグミ  開花
5.  アケビ  開花
6.  ズミ  つぼみ
7.  ジロボウエンゴサク  開花
8.  キビタキ  鳴き声
9.  ヒメツチハンミョウ  地面を歩行
10. クリメコブズイフシ  成熟途中

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する