FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2021年4月8日

 春の花が沢山咲いていました。オトメスミレ、ナガバノスミレサイシン、マルバスミレ、エイザンスミレ、タチツボスミレ、、シロバナタチツボスミレ、ツボスミレの8種のスミレを見ました。その中で金時山にはオトメスミレが一番似合います。基準産地が乙女峠のためでしょうか。コイワザクラは未だ早いのでしょうか、余り咲いていませんでした。これから開花の植物もあり、楽しみです。

オトメスミレ    (スミレ科)
乙女峠が基準産地で乙女を付けてオトメスミレです。良い名前です。タチツボスミレの変種で、乙女峠周辺で沢山見られました。
オトメスミレ3金時210408

ナガバノスミレサイシン    (スミレ科)
麓から頂上付近まで見られますが、麓に多く咲いています。長い名前の通りで、葉が長いのが特長です。
ナガバノスミレサイシン金時210408

マルバスミレ     (スミレ科)
丸っこい形の花と葉が可愛らしいスミレです。葉、葉柄に毛が多いものをケマルバスミレで、毛が無いのをマルバスミレと呼んでいたが、マルバスミレに統一された様です。
マルバスミレ1金時210408

エイザンスミレ   (スミレ科)
麓から頂上まで全般に見られました。葉が特長で3全裂し、側葉は2裂しています。名前の由来は比叡山に生えていることから。
エイザンスミレ1金時210408

タチツボスミレ   (スミレ科)
公時神社から少し登って林道を抜ける所に群生していました。普通に見られる地味なスミレですが、群生は見事です。
タチツボスミレ2金時210408

コイワザクラ     (サクラソウ科)
名前の通り、岩肌に咲きます。しかも見に行くのに危険な所が多いです。綺麗な花を見るのに命がけです。未だ咲き始めでした。これから満開になるでしょう。フォッサマグナ要素の植物です。
コイワザクラ金時210408

マメザクラ      (バラ科)
フォッサマグマ要素の植物で、フジザクラやハコネザクラとも言われています。花が下向きに咲き、控えめなところが何とも言えません。
マメザクラ1金時210408

トウゴクミツバツツジ?  (ツツジ科)
金時山から長尾山の稜線でよく咲いていますが、未だ早いのでしょうか乙女峠付近で咲き始めていました。雄しべが5本がミツバツツジ、10本がトウゴクミツバツツジかキヨスミミツバツツジです。花柱を見ないと区別できません。キヨスミミツバツツジも金時山で咲きます。
トウゴクミツバツツジ金時210408

ツルシキミ       (ミカン科)
実は赤く派手ですが、花は白色で地味です。実、葉とも有毒で食べると激しい痙攣を起こす様です。最近、箱根に増えているシカは見向きもしません。
ツルシキミ1金時210408

ミヤマキケマン    (ケシ科)
乙女峠の登山口から国道脇を歩いているとき見かけました。深山という名前に反して、低山や丘陵地にも分布している様です。全草有毒で、食用厳禁です。
ミヤマキケマン金時210408

①オトメスミレ          花
②ナガバノスミレサイシン   花
③マルバスミレ         花
④エイザンスミレ        花
⑤タチツボスミレ        花
⑥マメザクラ           花
⑦コイワザクラ         咲き始め
⑧トウゴクミツバツツジ    咲き始め
⑨ツルシキミ          花
⑩ノスリ             鳴き声

箱根PV  原田育生

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する