FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2021年3月26日

朝から晴れて気温12℃、暖かく春本番の箱根です。本日はパークボランティア7名が参加、この季節毎年楽しみにしている、箱根に春を告げる花々を観察しました。

アセビ ツツジ科 アセビ属
アセビ VC20210326
箱根の春を代表する花はアセビです。今年は特に美しいように感じます。ビジターセンター周辺園地のいたるところで、白やピンクの小さい壺型の花をいっぱいつけて咲き誇っています。

オニシバリ ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
オニシバリ雄花 VC20210326
2月頃に開花して箱根に春を告げる花といえばオニシバリです。花の広場でオニシバリの雄花が開花していました。

雌花もすでに開花していました。
オニシバリ雌花 VC20210326

アブラチャン クスノキ科 クロモジ属
アブラチャン VC20210326
アブラチャンも箱根に春を告げる花です。これは雌雄異株の雌株です。葉の展開前に淡黄色の花が3~5個集まって咲きます。

アケビ
アケビ VC20210326
花の広場では、アケビがつるに新芽を展開し、新葉とつぼみがもう出ています。もうすぐ長い花序が垂れ下がり、雄花と雌花が咲き始めます。

シロハラ スズメ目 ヒタキ科
シロハラ VC20210326
星槎レイクアリーナへ向かう登り道では、シロハラが盛んに餌を啄んで散策していました。

コケリンドウ リンドウ科 リンドウ属
コケリンドウ VC20210326
コケリンドウは、星槎レークアリーナの道路わき広場に毎年この時期に咲きます。今年も見られました!高さ3~10cmの苔のように小さな二年草です。小さいので最初目が慣れるまで見つかりませんが、一度見つけたら多くのコケリンドウを観察できます。

フキ キク科 フキ属
フキ雄株 VC20210326
コケリンドウの傍にフキが出ていました。フキは地下茎で増えるのでかたまって見られます。フキは雌雄異株です。雄花は頭花が黄色っぽい筒状花です。

雌株は頭花が白っぽいです。白い糸状の多数の雌花の中に雄花と同じ形の両性花が数個混じります。
フキ雌花 VC20210326

ヒナスミレ スミレ科 スミレ属
ヒナスミレ VC20210326
子供の広場では「スミレのプリンセス」と言われるヒナスミレが咲きだしていました。落ち葉に埋もれるように咲き、透明感のある淡紅紫色の花は楚々としています。

マメザクラ バラ科 サクラ属
マメザクラ VC20210326
園地の至る所でマメザクラが満開です。特に野鳥小屋すぐそばのマメザクラは見事です。毎年この清楚な桜を見ると箱根にも春が来たなと感じます。

バッコヤナギ ヤナギ科 ヤナギ属
フサザクラとともに毎年この時期に見られるバッコヤナギです。フサザクラの花はもう終わっていましたが、バッコヤナギは見ることができました。雌雄異株の雄花序は楕円形で大きく銀白色に輝いてよく目立ちます。葯(やく)が黄色になってきているのが見えるでしょうか。
バッコヤナギ VC20210326

ハナイカダ ハナイカダ科 ハナイカダ属
ハナイカダ VC20210326
ハナイカダの新葉を覗いてみると、葉の上に小さな蕾が付いているのを見つけました。こんなに幼い新葉の頃からすでに蕾が形成され始めているのは驚きです。

本日のトップ10
1.  アブラチャン  開花
2.  アオキ    雄花開花、雌花つぼみ・赤い果実
3.  オニシバリ  開花
4.  コケリンドウ  開花
5.  ヒナスミレ  開花
6.  マメザクラ  開花
7.  アセビ  開花
8.  シロハラ  餌を啄んで散策
9.  ビロウドツリアブ  葉の上で休息
10. シカの食痕  アオキの枝先(食べて切り取られた痕)

箱根PV  高橋
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する