FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2016年2月26日

雪が残るビジターセンター周辺ですが、本日は晴れて風もなく、春の近づきが感じられます。17名のビジターさんに参加いただき、PV14名、合計31名と賑やかな観察会となりました。

本日のテーマは「オオイヌノフグリ」です。明治時代に渡来した帰化植物ですが、早春に開花する野草が少なく、競争相手がいないので、わずかの間に日本中に広がりました。
オオイヌノフグリ VC160226

子どもの広場には昨日の雪が残っています。晴れてとても気持ちがいいです。
こどもの広場 VC160226

ここでは、オオバヤシャブシの冬芽を観察しました。
枝には葉芽、雌花序、雄花序の順に冬芽がついています。黒いのは昨年の果実です。
オオバヤシャブシ VC160226

雪上にノウサギの足跡が残っていました。ノウサギさんは、写真の左側から右側へ走っていました。
ノウサギ足跡 VC160226

野鳥小屋側の小さな池にヤマアカガエルの卵塊がありました。今年は2月16日に初めて観察されました。ヤマアカガエルは森の中で冬眠し温かくなってきたら起きて産卵します。そのあと再び冬眠します。
池の表面は凍っていますが水が多いので卵はたぶん大丈夫でしょう。
モリアカガエル卵塊 VC160226

白百合台へぬける道にニホンジカの足跡がありました。すでにこの辺りまで鹿がきています。アオキの食痕も観察されています。
シカの足跡 VC160226

白百合台のヤマハンノキ冬芽です。雄花序、雌花序は別々の枝先につきます。
ヤマハンノキ VC160226

最後にビジターセンター近くのサクラの広場で、オオシマザクラとヤマザクラの冬芽の違いを観察しました。
オオシマザクラの芽鱗はぴったりと目を包んでいます。
オオシマザクラ VC160226

ヤマザクラは芽鱗の先が少し開いています。
ヤマザクラ VC160226

本日のトップ10
1.  オオイヌノフグリ  花
2.  オニシバリ  花
3.  コブシ   冬芽
4.  オオバヤシャブシ  冬芽
5.  ヤマハンノキ  冬芽
6.  シキミ  蕾
7.  ヤマアカガエルの卵塊
8.  ルリビタキ  野鳥
9.  シメ  野鳥
10. 雪上の足跡 ノウサギ、ニホンジカ

箱根PV 高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する