FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2012.07.28(土) 芦ノ湖東岸

 気温も28度で風も爽やかに感じられたなか、今日は8月3日の 「涼を求めて芦ノ湖東岸で自然観察と森林浴」の下見会に参加できませんでしたので、今回Mさんのご指導のもとに当日と同じタイムスケジュールで行ってきました。まだよく草花の名前が覚えられない私にとってマンツーマンでの観察会はとてもありがたかったです。キブシの実がお歯黒の材料になっていたのは知りませんでした。

 草花の名前を覚えることは歴史のことにも触れることなんですね。また可憐なピンク紫の花のシモツケソウの茎を揉むとサロメチールの香りがするとか色々覚えるのに参考になることが多かったです。

 ただ残念だったのはコースになっている道端が草刈が行われていたので道端の草花は殆ど観察することは出来ませんでした。


○観察した主な植物○
【花を観察した植物】
シモツケソウ、ダイコンソウ、タマアジサイ、チダケサシ、ノリウツギ、バライチゴ、ホタルブクロ、ヤブラン、ヤマアジサイ、ヤマジオウ、ヤマホタルブクロ、

【実を観察した植物】
キブシ、ミヤマシキミ、ゴマギ、マユミ

【その他観察した植物】
アカガシ、アブラチャン、シロバナイナモリソウ、ツリフネソウ、ツルニンジン、ヒメシャラ、ミズキ、ミツバ、ミツバウツギ、ムカゴイラクサ、モミジガサ、ヤブムラサキ、リョウブ

○【鳥の声】○
ウグイス、ガビチョウ

【その他観察】
サンゴダケ

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する