FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2013.03.23(土) 芦ノ湖東岸

○ 天候:晴れ 気温 11℃
○ 参加者:4名 (PV2名、ビジター2名)
○ 観察テーマ:「ヨゴレネコノメ」の観察

【Bコース】VC~芦ノ湖東岸~箱根園(ロープウエイ)~駒ケ岳~清水平~姥子~大涌谷観察路~VC

 名古屋からいらした御夫妻が嬉しいことに飛び入り参加して下さり、定刻を少々オーバーし出発。本日のコースはBコース(東岸~駒ケ岳)の為、箱根園までは時間を計りながらハイペースで進み、駒ヶ岳山頂にて昼食。腰を下ろした丁度その先にハコネコメツツジの株を見つけ写真を見ながら観察した。

 駒ケ岳では春の訪れは遅い。待ち遠しいキクザキイチゲやハナネコノメ等の可愛らしい花との出会いはまだ先になりそうだ。

 山頂では雄大なパノラマを前に我々もジオに関する案内に熱がはいった。ここは何度来ても見飽きることのないスケールの大きさだ。さて、昨夏にはクマザサをかき分け歩いた清水平への道はクマザサが刈られていて見通しもよくなり歩きやすくなっていた。芦ノ湖と富士山の絶景を堪能しながら歩けるこのコースだが今日は富士山が見えず残念。しかし、台が岳を右手に見て仙石原を一望のもとに見渡せる絶景に出会え感激。外輪山から見る仙石原は見慣れた景色だけれども、こちら中央火口丘側からしかもこの角度で見る事ができるとは思ってもいなかったので、すっかり見入ってしまった。葉が落ちている今のシーズンだからこそ見せてくれる自然からのプレゼントだ。

 姥子へ近づくと芽吹きを待つ木々の向こうに大涌谷が見通せいちだんと硫黄のニオイが強くなった。いつもの急坂を無事に通過し大涌谷自然観察路へ。金太郎岩展望台で偶然にも大涌谷自然情報の皆さんにお会いし一緒に山を下りた。今回はまだ観察する草花も少なかった事もありジオ一色の一日となった。


○観察した主な植物○

東岸

【花を観察した植物】
オオイヌノフグリ・セントウソウ・タチツボスミレ・タネツケバナ・ハルトラノオ・フキ・ミツマタ・ヤマネコノメソウ・ヨゴレネコノメ

【葉を観察した植物】
イワナンテン・オニシバリ・キランソウ・タイアザミ・ツルシキミ・ツルリンドウ・ヒノキ・フッキソウ・ホトトギス

【観察したシダ植物】
フユノハナワラビ

【観察した鳥類】
ミソサザイ

駒ケ岳~姥子

【観察した植物】
アブラチャン・ハコネコメツツジ・ヤマネコノメソウ

【葉を観察した植物】
コバイケイソウ・ツルシキミ

【観察した実植物】
アオキ・ツルシキミ

【観察したシダ類】
シシガシラ・トウゲシバ

【観察した苔類】
ジャゴケ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する