FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2016年2月11日

建国記念日の祝日で天気も良く、金時山頂上はいつもよりにぎやかでした。雨氷という珍しい現象をみました。0℃以下でも凍らない過冷却状態の雨が、樹枝などに付着することをきっかけに凍って硬く透明な氷になったのでしょう。枝が重くなったために垂れたり折れたりしていました。長尾山ではコゲラとメジロがわずかに残っているマユミの実を啄んでいました。マユミは虫の少ない厳しい冬を乗り越えるための貴重な食べ物なのでしょう。

雨氷
金時雨氷2160211

雨氷で重くなり枝が折れている。
金時雨氷1160211

冬に葉のあるオニシバリ(夏に落葉するナツボウズ)
金時オニシバリ160211

オトコヨウゾメの冬芽
金時オトコヨウゾメ160211

実と蕾が同居しているツルシキミ
金時ツルシキミ160211

マユミを啄むコゲラ
金時コゲラ160211

本日のトップ10
1.雨氷
2.オニシバリ
3.オトコヨウゾメ(冬芽)
4.ツルシキミ(実と蕾)
5.コゲラ
6.アセビ(蕾)
7.ヤドリギ(実)

箱根PV 原田
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する