FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年11月27日

紅葉も終わりかけ、木々の葉がだいぶ落ちています。静寂でゆっくり箱根の自然を楽しめるのもこの季節です。本日は、パークボランティア7名が参加し、自然学習路から野鳥小屋周辺の自然情報を収集しました。

マユミ ニシキギ科 ニシキギ属
マユミ VC20201127
園地のいろいろな所でマユミの果実が見られます。果実は4つに割れて、赤い仮種皮をかぶった種子がぶら下がっています。鳥にとってはごちそうですが、人が食べると有毒と言われています。

タイアザミ キク科 アザミ属
タイアザミ VC20201127
この季節、花は少ないです。タイアザミがひっそりと咲いていました。

ネジキ ツツジ科 ネジキ属
ネジキ冬芽VC20201127
ネジキの冬芽はきれいな赤色をしています。仮頂芽は帽子のような形で、2枚の芽鱗に包まれています。コクサギ、ザイフリボクとともに三大美芽と呼ばれることもあります。

ネジキは成長すると幹がねじれてくるのが特徴でここから名前がつけられました。樹幹が縦に裂け螺旋状にねじれています。
ネジキ1

クロモジ クスノキ科 クロモジ属
クロモジ冬芽 VC20201127
クロモジはもう葉が落ちて、自然学習路のあちらこちらで冬芽が目立ちます。長い水滴形が葉芽で、2~3枚の芽鱗に包まれています。葉芽の基部に2~4個つくタマネギ形が花芽です。

サンカクヅル ブドウ科 ブドウ属
サンカクヅル紅葉 VC20201127
今年は残念ながらいつものようなサンカクヅルの見事な紅葉や、たわわに実る果実をほとんど見ることはできませんでした。しかし今日は、葉は残り少なかったですが、鮮やかな最後の紅葉を見ることができました。

サルトリイバラ サルトリイバラ科 サルトリイバラ属
サルトリイバラ VC20201127
このところあまり見ることがなかったサルトリイバラの赤い果実を見つけました。赤い実は輝いて美味しく見えますが、哺乳類の大部分は赤い色を識別できません。唯一赤い色を識別出来るのはサルの仲間(人間を含む)といわれています。

ツグミ ツグミ科
ツグミ VC20201127
野鳥小屋近くのシナサワグルミの大きな木にツグミの群れが飛来して、ツルウメモドキの実を食べていました。

マヒワ アトリ科
マヒワ VC20201127
同じ木にマヒワも飛来して来て、ツグミとマヒワの大混群を見ることができました。感激です。それぞれ10羽以上はいたでしょうか。マヒワは、頭が黒くて胸が黄色いのが雄で、胸の縦縞が目立つのが雌です。

ツルウメモドキ ニシキギ科 ツルウメモドキ属
ツルウメモドキ VC20201127
ツグミが食べていたツルウメモドキです。黄色と朱赤の対比がとても美しいです。ツルウメモドキはつる性植物で、シナサワグルミの高い梢の上までよじ登っていました。

ワタムシの仲間 カメムシ目(半翅目) アブラムシ上科
ワタムシの仲間(着地) VC20201127
体の表面に白いろう物資を身に着け、飛翔時に白い綿くずが空中に飛んでいるように見えるのでこの名前があります。ワタムシの仲間が漂いながら一時の休息のために小枝にとまり、すぐに飛翔していきました。VC周辺では毎年この時期にこのワタムシの仲間が現れ、雪のような白さで冬の到来を知らせています。

本日のトップ10
1.  ツルウメモドキ  果実
2.  サルトリイバラ  果実
3.  マユミ  果実
4.  サンカクヅル  紅葉
5.  ネジキ  冬芽
6.  クロモジ  冬芽
7.  マヒワ  野鳥小屋付近に群れ飛来
8.  ツグミ  野鳥小屋付近に群れ飛来
9.  ワタムシの仲間 小枝に休憩・飛翔
10. シカの食痕 アオキ、ツツジの先端

箱根PV  高橋


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する