FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2020年11月12日

久し振りに晴れた金時山でした。しかし、頂上の眺望は良くなく富士山は雲の中でした。今年の紅葉は早いようで、金時山もピークは過ぎていましたが、コミネカエデが綺麗でした。カマツカ、メギ、サルトリイバラなどは赤い実を沢山付けていました。赤色は目立つので実を鳥や動物に運んでもらうのでしょう。

リンドウ              (リンドウ科)
分岐点付近で沢山見ました。山野に生える多年草。根は古くから健康胃剤に使用されています。名前の由来は熊胆よりも苦く、竜の肝に似ることによります。    
リンドウ金時201112

コミネカエデ           (カエデ科)
金時山から長尾山までの稜線が見頃です。この赤さは群を抜いて鮮やかです。名前は花がミネカエデの花より小さいからで、葉が小さいわけではない。
コミネカエデ金時201112

ヤマボウシ           (ミズキ科)
分岐点付近が見頃です。ミズキの仲間です。ハナミズキと一緒で紅葉が綺麗です。箱根はヤマボウシの日本一の名所と言われています。
ヤマボウシ金時201112

オトコヨウゾメ         (スイカズラ科)
分岐点付近にありました。名前のヨウゾメは ガマズミ類のことです。この実は苦くて食べられないので「男」と付けたと言われています。
オトコヨウゾメ金時201112

クサボタン           (キンポウゲ科)
分岐点付近に有りました。種の綿毛は、初めは輝く糸のような毛をつけてますが、だんだん鳥の羽のようになり最後はフワフワの綿毛の様になります。
クサボタン金時201112

カマツカ            (バラ科)
実は赤く熟し、鳥がよく食べます。鎌の柄に使用されていた様でカマツカの名前があり、別名でウシゴロシ(牛殺し)の名前があります。材が丈夫で硬いためです。
カマツカ金時201112

メギ              (メギ科)
乙女峠付近にありました。液果で真っ赤に熟しています。洗眼薬にしたところからメギ(目木)の名前があります。刺が多いので
別名、コトリトマラズですが鳥は上手に食べるようです。
メギ金時201112

マユミ             (ニシキギ科)
長尾山周辺にありました。名前の由来は枝がよくしなるので、弓を作ったことによる。実は多くの種類の鳥が好んで採食します。
マユミ金時201112

サルトリイバラ        (ユリ科)
麓にありました。赤い実はくすんだように見えます。つる性半低木で名前の由来は茎に棘が有り、それに猿がひっかかるとか。
関西以西ではこの葉を用いて餅を作った。
サルトリイバラ金時201112

スミレの仲間        (スミレ科)
頂上付近にありました。何のスミレの果実かなとみていた時、真珠色の種がはじけました。面白い戦略で実を運ぶのは驚きでした。
何のスミレでしょうか?
××スミレの実

本日のトップ10
①リンドウ       満開
②コミネカエデ    紅葉
③ヤマボウシ     紅葉
④オトコヨウゾメ   紅葉
⑤クロモジ       紅葉
⑥クサボタン     果実
⑦カマツカ       果実
⑧マユミ        果実
⑨メギ          果実
⑩サルトリイバラ   果実

箱根PV   原田育生

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する