FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年11月13日

ここ数日の冷え込みで箱根の紅葉が進み、山々の木々が紅葉の真っ盛りです。パークボランティア9名が参加し、花の広場、子供の広場、自然学習路の自然情報を収集しました。晴れて暖かく絶好の観察日和でした。

オオモミジ ムクロジ科 カエデ属
オオモミジ紅葉 VC20201113
どんな大変な状況でも自然は変わることなく季節は巡ってきます。今年もまたオオモミジの圧巻の紅葉を見ることができました。

イロハモミジ ムクロジ科 カエデ属
イロハモミジ VC20201113
花の広場ではイロハモミジも真っ赤に紅葉しています。

ナミテントウ テントウムシ科
ナミテントウ VC20201113
ナミテントウがイロハモミジの上で休息中でした。

ニシキギ ニシキギ科 ニシキギ属
ニシキギ VC20201113
ニシキギは、紅葉と鮮やかな朱赤の果実(仮種皮)が同時に見られます。 ニシキギの紅葉は、ビジターセンター園地に毎年やってくる晩秋の風景です。

子供の広場展望台からの外輪山です。外輪山の山肌が赤や黄色に染まり始めています。赤く紅葉する木々と黄色く黄葉する木々が混在するからこそ見られる箱根の秋の風景です。
外輪山紅葉 VC20201113

クロモジ クスノキ科 クロモジ属
クロモジ VC20201113
自然学習路では冬芽を付けたクロモジが黄色く色づいています。派手さはありませんが、澄んだ黄色でひっそりと黄葉していて、とても美しいです。

コナラ ブナ科 コナラ属
コナラ黄葉 VC20201113
コナラも黄色や赤茶色に黄葉しています。黄色の葉に緑色や褐色が混じりあい、青空の中で輝いて見えました。

シロヨメナハナフクレフシ 虫えい(虫こぶ)
シロヨメナハナフクレフシ VC20201113

シロヨメナハナフクレフシ-2 VC20201113
シロヨメナの花のすぐ傍に丸い塊が付いていました。これは、シロヨメナの花にタマバエの仲間が形成する虫えいで、不整形な塊状に肥大します。虫えいは頭状花単位で形成され、おもに花床から小花の基部が肥大癒着しているように見られました。

キタテハ チョウ目 タテハチョウ科
キタテハ VC20201113
キタテハが、ススキの葉の上で日光浴していました。キタテハは成虫で越冬します。

シカの角の研ぎ痕
シカの角研ぎ跡 VC20201113
シカの角研ぎ痕がありました。上側に研いだ木屑が残っているので、シカは下から上へと角を研いでいると思われます。

ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属
ヤマボウシ VC20201113
ビジターセンター入り口近くのヤマボウシの紅葉は見頃を迎えています。

本日のトップ10
1.  オオモミジ  紅葉
2.  イロハモミジ  紅葉
3.  コナラ  黄葉
4.  ニシキギ  紅葉と果実
5.  リンドウ  花
6.  キッコウハグマ  花
7.  ツルリンドウ  果実
8.  エナガ  野鳥 飛翔
9.  キタテハ  昆虫
10. シロヨメナハナフクレフシ  虫えい

箱根PV  高橋


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する