FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2007.2.28湯坂路(国道1号~鷹巣山~浅間山~小涌谷駅)

○天候:曇り
○参加者:計4名(PV4名)
○観察テーマ:ケヤマハンノキ


暖冬とはいえ春はまだ浅く、多くの植物はまだ目覚めていない。そんな中でひときわ目を引いたのは、早起きは三文の徳とばかりに花盛りのケヤマハンノキで、赤紫色の雌花序は特に美しかった。
また、まだへたくそなウグイスがさえずりの練習をしていた。

全体としては常緑のシダやスゲが多かったが、そこここに春の息吹も感じられた。特にイヌザクラの紅紫色でつやのある冬芽は格好の観察材料となった。

防火帯はきれいに刈り払われて観るべき物はない、と思っていたら、あるある、枯葉に埋もれてしぶとく地面にへばりついているロゼットが、オオハンゴンソウだ。昨秋のニ度にわたる駆除の手を免れた奴らだ。


○観察した主な植物○
【蕾を観察した植物】
アオキ・ツルシキミ・ニワトコ

【花を観察した植物】
アセビ、オニシバリ、ケヤマハンノキ、スギ、ツルシキミ

【果実を観察した植物】
アオキ、キヅタ

【観察した木本】
イヌザクラ、スズダケ、ハコネダケ、ヒメシャラ、ムラサキシキブ、ヤダケ

【観察した草本】
アケボノソウ、エビネ、オオバジャノヒゲ、オオハンゴンソウ、オトメアオイ、キントキシロヨメナ(枯葉)、セントウソウ、ツルリンドウ、ヒメガンクビソウ、ヨゴレネコノメ

【観察したシダ植物】
アカハナワラビ、イヌシダ、イワガネゼンマイ、イワトラノオ、オオイタチシダ、オオハナワラビ、オオバノイノモトソウ、オオベニシダ、クラマゴケ、コバノヒノキシダ、シシガシラ、ジュウモンジシダ、トウゲシバ、トウゴクシダ、ノキシノブ、ヒメノキシノブ、ヘビノネゴザ(枯葉)、マメヅタ、ミゾシダ(枯葉)、ミツデウラボシ、ヤマイタチシダ

【観察したスゲ植物】
カンスゲ、コカンスゲ、シラコスゲ、ハコネイトスゲ、ミヤマカンスゲ

【観察したコケ植物】
エビゴケ、ジャゴケ

○観察できた野鳥○
ウグイス、エナガ、シジュウカラ

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する