FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2008.07.28(月)湯坂路

○天候:晴れ
○参加者:計1名(PV1名)  
○観察テーマ:ヤマホトトギスの観察


連日厳しい暑さが続いているが、今日は幾分しのぎやすく、絶好の観察日和だ。予め参加者が一人だとわかったため、オオハンゴンソウ駆除のためのアクティブレンジャーの同行もない。良いものがあればじっくり写真が撮れる、マイペースでの観察も悪くない。

路側の方面に張り付くように群生しているヤマジオウの花は今が盛りだ。白地にピンクの筋の入った小さな花は地味で見過ごしがちだがなかなかきれいだ。

日照り続きだが千条の滝の水量は結構多く、糸を引くように滴り落ちるというよりはバシャバシャと水面をたたきつける感じだ。

針葉樹林の急坂に入ると、地面を覆いつくすように繁茂したオオバウマノスズクサの中からヤマホトトギスが早くもピンクの蕾を立ち上げていた。トンボソウも健在だ。

防火帯に出ると景色は一変し、お花畑が広がった。シモツケソウ、ウツボグサ、チダケサシがコース全体に広がり、今が盛りだ。一ヶ所だがイヌゴマの群生も見事だ。そんな中に早くも咲き始めたヒヨドリバナ、ワレモコウや、蕾が見え始めたオミナエシ、サラシナショウマ、シラヤマギクに秋の気配が感じられる。


【観察したその他の動物】
キチョウ、シオカラトンボ、ジャコウアゲハ(幼虫)、ヒグラシ、ミンミンゼミ、モンシロチョウ


○ 観察した主な植物○
【花の咲いていた植物】
アキノタムラソウ、イヌゴマ、イワタバコ、ウツボグサ、ウバユリ、ウマノミツバ、オオカモメヅル、オオバギボウシ、オオバジャノヒゲ、オオバノトンボソウ、オオハンゴンソウ、オカトラノオ、オトギリソウ、カセンソウ、クサアジサイ、クサレダマ、コマツナギ、シオデ、シシウド、シモツケ、シモツケソウ、ジャノヒゲ、シロバナイナモリソウ、ダイコンソウ、タカトウダイ、タマアジサイ、チダケサシ、ツリガネニンジン、ツルニガクサ、ナガバハエドクソウ、ヌスビトハギ、ノアザミ、ノギラン、ヒメキンミズヒキ、ヒメヤブラン、ヒヨドリバナ、フジアカショウマ、フタリシズカ(閉鎖花)、ヘクソカズラ、ミズヒキ、ムラサキニガナ、ヤマジオウ、ヤマトウバナ、ヤマハギ、ヤマユリ、ワレモコウ

【蕾の付いていた植物】
オミナエシ、ガンクビソウ、コガンピ、サラシナショウマ、シラヤマギク、タムラソウ、トンボソウ、ヒメガンクビソウ、モミジガサ、ヤマホトトギス

【果実のついていた植物】
ツチアケビ、ハコネハナヒリノキ、ハナイカダ、ミツバウツギ、ヤマアジサイ

【観察した野鳥】
ウグイス、キビタキ、コゲラ、シジュウカラ、ソウシチョウ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する