FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2011.06.13(月)湯坂路

○天候:曇り時々雨 
○参加者:計6名(PV4名VC2名)  
○観察テーマ:「タンナサワフタギ」の観察
★コース :千条の滝~湯坂路分岐~鷹の巣山~湯坂路入口


朝方の雨で観察が危ぶまれたが、雨は上がり予報では曇りとのことで実施することになった。

千条の滝の上にあるイタヤカエデは根が岩を包み込み、生命力と雄大さで水景色の背景を飾っている。

コアジサイが沢山咲き始めていた。ほのかな香りを出し自然の香りを感じる。タンナサワフタギの花は満開であった。白い花は箱根によく似合うと思った。

鷹の巣山で昼食を取っている時、晴れ間が出てきて、オナガアゲハ、ジャコウアゲハ、キアゲハ、ナミアゲハが飛び交い、木のてっぺんでホオジロが囀っている。自然に溶け込んだ錯覚を感じる昼食だった。

ヒメシロコブゾウムシが20頭以上いた。このゾウムシを手で触ると死んだふりをする。捕食者に対する防御策であろう。白い体に黒い部分があるので、足を引っ込めた死んだふりは骸骨に見える。見事な死にぶりである。

沢山の植物、鳥、昆虫を観察した一日でした。


【観察した野鳥】
アオゲラ(声)、アカゲラ(声)、イカル(声)、ウグイス(声)、エナガ、オオルリ(声)、ガビチョウ(声)、キビタキ(声)、コゲラ(声)、コジュケイ(声)、シジュウカラ(声)、センダイムシクイ(声)、ハシブトガラス、ヒガラ(声)、ヒヨドリ、ホオジロ、ホトトギス、ミソザザイ(声)、メジロ(声)、ヤブサメ(声)、ヤマガラ

【観察した昆虫】
アオハムシダマシ、エゴツルクビオトシブミ、オナガアゲハ、オンブバッタの幼虫、ガガンボの仲間、カシルリオトシブミ、カマドウマの仲間、キアゲハ、クロジョウカイ、シモフリコメツキ、ジャコウアゲハ、シロオビアシナガゾウムシ、セボシジョウカイ、テントウムシの幼虫、ドウナガヒラタコメツキ、ナミアゲハ、バラルリツツハムシ(?)、ヒシバッタ、ヒメアメンボ、ヒメシロコブゾウムシ、ヒラズネヒゲボソゾウムシ、ビロードアシナガオトシブミ、ムネアカオオアリ、モンシロチョウ、ユウマダラエダシャク

【その他観察したもの】
サワガニ


○観察した主な植物○
【蕾を観察した植物】
オオカモメズル、オオバウマノスズクサ、オオバノトンボソウ、クサアジサイ、サワハコベ、シモツケ、トチバニンジン、ナツツバキ、ナルコユリ、ヒメジョン、ヤマアジサイ、ヤマジオウ、ヤマアジサイ、ヤマユリ

【花を観察した植物】
エゴノキ、エゾタチカタバミ、ガマズミ、コアジサイ、コゴメウツギ、タンナサワフタギ、テイカカズラ、ニガナ、ノアザミ、ハコネウツギ(植栽?)、ハルジオン、ハンショウズル、ヒメイワバミソウ、フタリシズカ、ホウチャクソウ、ホオノキ、ホソバテンナンショウ、マユミ、ミヤマウコギ、ムラサキサギゴケ、ムラサキマムシグサ(?)、ヤマキツネノボタン、ヤマタツナミソウ、ヤマトウバナ、ヤマハタザオ、ヤマボウシ

【実を観察した植物】
オニシバリ、クロモジ、サルトリイバラ、ナツトウダイ、ニガイチゴ、フサザクラ、フジザクラ、モミジイチゴ、モリイバラ、ヤブヘビイチゴ、ヤマグワ、ヨゴレネコノメ

【その他観察した植物】
アオカラムシ、アオハダ、アカショウマ、アケボノスミレ(葉)、アスナロ(気孔帯)、アマチャズル、アワブキ、イタヤカエデ、イヌシデ、イヌショウマ、イワガラミ、ウラハグサ、エイザンスミレ(葉)、オオバギボウシ、オオバコアカソ、カセンソウ、カモジグサ、キンミズヒキ、クサイ、クマヤナギ、コアカソ、コバギボウシ、サワフタギ、シモツケソウ、シロダモ、シロバナイナモリソウ、スズサイコ、スノキ(葉)、セキヤノアキチョウジ、タカトウダイ、タムラソウ、ナガバハエドクソウ、ナベワリ、ハコネガマズミ、ハナイカダ、フジテンニンソウ、フモトスミレ(葉)、マツカゼソウ、マツブサ、ミツバウツギ、ミミナグサ、ムラサキシキブ

【観察したシダ・スゲ】
イヌシダ、イノモトソウ、オオバイノモトソウ、カンスゲ、シラコスゲ、ハコネイトスゲ、ベニシダ、マルバベニシダ、ミサキカグマ、ミゾシダ、ミノボロスゲ、ヤマイヌワラビ


 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する