FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2011.09.12(月)湯坂路

○天候:晴れ 温度19℃
○参加者:計7名(PV5名VC2名)  
○観察テーマ:「シュウブンソウ」の観察


空を仰ぐと雲が多いものの爽やかな秋を感じる。集合時間には参加予定者全員の顔が見られる。シダは冬に観察しようとまず足元から観察開始。早速、地味な花ながら季節を実感させてくれるシュウブンソウが見られた。

台風の通過後にて「千条の滝」手前の名前のない滝は水量が多く道にあふれ出ていた。

道には頑丈な板が渡してありバランスをとって通過。いつものコースも1ケ月ぶりに歩くと自然の変化に目を見張る感じがする。登りにかかるころ目の前を狸が猛烈な勢いで走り去って行った。見晴らしの良い登山道から見る山肌に今日を盛りとタラノキの花が白くパッチワーク状に一面を彩っていた。花を見てタラノキが沢山生えているのに気づいた。

昼食をすませて整備された急坂を行くと沢里さまがお一人で丸太を切っていらしゃり無理をなさらないようにと声をかける。いつも黙々と整備に力を尽くして下さり感謝で胸を熱くして通り過ぎる。鷹の巣山では植物観察会の人たちとすれ違った。お互いに天候に恵まれて良かった。


【観察した鳥類】
アオバト、ガビチョウ、ソウシチョウ、カケス、ヤマガラ、コゲラ、ホオジロ、エナガ

【観察した昆虫類】
コミスジ、メスグロヒョウモン、イチモンジセセリ、キタキチョウ、スジグロシロチョウ、ミンミンゼミ、モンシロチョウ、ツクツクボウシ、オサムシ、ザトウムシ、ムネアカオオアリ、アオハナムグリ、サビキコリ、シマヘビなど

○観察した主な植物○
蕾:
アキノタムラソウ、アズマヤマアザミ、キッコウハグマ、サラシナショウマ、シロヨメナ、センブリ、タイアザミ、タムラソウ、ツルリンドウ、ナガバノハエドクソウ、ノコンギク、ハバヤマボクチ、ヒキオコシ、フジセンニンソウ、ミヤコアザミ、ヤマラッキョウ、リュウノウギク、リンドウ

花:
アカネ、アキメヒシバ、イヌコウジュ、イヌトウバナ、ウチワドコロ、エゾタチカタバミ、エノキグサ、オオカモメヅル、オオバコ、オオバコアカソ、オオハナワラビ、オニドコロ、カゼクサ、カリマタガヤ、キバナガンクビソウ、キンミズヒキ、クズ、ケチヂミザサ、コシロネ、コチヂミザサ、サジガンクビソウ、サワヒヨドリ、シュウブンソウ、ススキ、タマアジサイ、タラノキ、ツユクサ、ツリフネソウ、トダシバ、トンボソウ、ナガエオオカモメヅル、ヌスビトハギ、ネコハギ、ノブキ、ハイヌメリ、ハコネキンミズヒキ、ハンゴンソウ、ヒメガンクビソウ、ヒメキンミズヒキ、ヒメジソ、ヒメドコロ、ヒメノガリヤス、マツカゼソウ、マルバダケブキ、マルバハギ、マルバフジバカマ、ミズタマソウ、モミジガサ、ヤマアワ、ヤマニガナ、ヤマノイモ、ヤマハギ、ヤマハッカ、ヤマホトトギス、ワレモコウ

果実:
アカシデ、アカショウマ、アブラチャン、イタドリ、ウマノミツバ、オオナンバンギセル、オオバギボウシ、オオバジャノヒゲ、オオバノトンボソウ、オカトラノオ、カセンソウ、サンカクヅル(ギョウジャノミズ)、クサアジサイ、クロモジ、ゲンノショウコ、コアジサイ、コウゾリナ、コガンピ、コナラ、コバギボウシ、シオデ、シシウド、シモツケ、シモツケソウ、シロバナイナモリソウ、タチツボスミレ、タテヤマギク、チダケサシ、ツクシヤブマオウ、ツタウルシ、トチバニンジン、ナルコユリ、ノギラン、ハコネイトスゲ、ハコネハナヒリノキ、ヒメヤブラン、ヒヨドリバナ、フジアカショウマ、ミズヒキ、ミツバ、ヤマカモジグサ、ヤマキツネノボタン、ヤマジオウ、ヤマトウバナ、ヤマボウシ、ダイコンソウ

【その他観察した植物】
葉:
カンスゲ、コカンスゲ、シラコスゲ、マツブサ、ミヤマウコギ、ミヤマカンスゲ

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する