FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2011.12.12(月)湯坂路

○天候:快晴 温度5℃
○参加者:計4名(PV2名VC2名)  
○観察テーマ:「ムラサキシキブ」の観察


快晴・無風、気温は5℃と肌寒いが、澄み渡った空気が心地よい。この寒気のせいか、千条の滝はもうもうと湯けむりを上げていた。池の水温は18℃と温かい。蛇骨川沿いにわずかに残っているイロハモミジの紅葉が朝日に透けて美しい。

木々の葉が落ちて見通しがよくなったおかげで、これまで見えていなかったものがよく見える。

野鳥たちは丸見えだ。ハリギリの線香花火のような果実が上空を覆い、エナガやコゲラがついばんでいた。

ツルリンドウの紅紫色の果実をじっくり観察し、風変わりな生態に感心した。

また、今まで気づかなかったムラサキシキブの群生地を発見した。谷沿いのかなり広い範囲に鮮やかな紫色の模様が点在していて、ビジターの一人が「ムラサキシキブの谷」と命名した。

稜線の防火帶では、イロハモミジとオオモミジの識別談義などに花を咲かせ、にぎやかで楽しい1日だった。


○観察した主な植物○
冬芽:
アブラチャン、イロハモミジ、ウラジロガシ、オオモミジ、クロモジ、コゴメウツギ、マユミ

葉:
イロハモミジ(紅葉)、コアジサイ(黄葉)、サワラ、シモツケ(紅葉)、ヒイラギ、ヒノキ

蕾:
オニシバリ、ヒイラギナンテン、フッキソウ

花:
アキノキリンソウ、オニノゲシ

果実:
アオキ、イボタノキ、エイザンスミレ、オオバジャノヒゲ、ガマズミ、カラスザンショウ、キッコウハグマ、クマシデ、サルトリイバラ、センブリ、ツルシキミ、ツルマサキ、ツルリンドウ、テイカカズラ、ハバヤマボクチ、ハリギリ、ホソバシオデ、マルバノホロシ、ムラサキシキブ

シダ類:
アカハナワラビ、オオハナワラビ

【観察した鳥類】
アオゲラ、ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、ジョウビタキ、ソウシチョウ、ヒガラ、ヒヨドリ、メジロ、ヤマガラ、ルリビタキ

【観察した昆虫類】
タンザワフキバッタ

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する