FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2012.11.12(月)湯坂路

○天候:晴れ時々曇り  温度5℃
○参加者:計5名(PV3名VC2名)  
○観察テーマ:「マユミ」の観察

予報通り雨は9時ころに上がり所々に青空も見え始めた。常連のビジターを含めて5名、見ごろを迎えた紅葉にも期待しながら、いざ出発。

ヒイラギの古木に白い清楚な花が満開で、ほのかに匂っている。葉の縁はなめらかでカドもトゲもない。見習わなければ、の指摘に「とるべきカドがない」との声も。いやいやこちらはカドだらけ、トゲだらけ。

10月度の自然情報でクサアジサイが盗掘された旨報告されたが、一部残っていることを確認し、一同ホッと胸をなでおろした。独り占めするのではなく、そこを訪れた人みんなが楽しめるように大事にしてほしいものだ。

もう秋の草花は終わりに近く、リンドウが頑張っているが、他の多くは果実になっていた。また、多くの樹木の果実が不作な中、マユミだけは豊作で、見事に実っていた。野鳥たちのごちそうだ。使命を終えて赤や黄色に色づき、ハラハラと散る落ち葉の風情を愛でながら、楽しく歩いた1日であった。


観察した野鳥
ウグイス、カケス、トビ、ホオジロ、マヒワ

特記事項
千条の滝の蛇骨川にかかる橋の横板の一部が傷み、足を取られそうな状態になっている。


○観察した主な植物○
冬芽:
アワブキ

葉:
アリノトウグサ、イロハモミジ、ウリハダカエデ、エンコウカエデ、オオモミジ、オトメアオイ、カジカエデ、クサアジサイ、コアジサイ、コミネカエデ、サワハコベ、ツタウルシ、マツブサ、ヤブムラサキ、ヤマジオウ

花:
アキノキリンソウ、アキノタムラソウ、アズマヤマアザミ、キッコウハグマ、コウゾリナ、シロヨメナ、タイアザミ、ノコンギク、ヒイラギ、ヤマトリカブト、ヤマラッキョウ、リュウノウギク、リンドウ

果実:
アオミズ、イヌショウマ、ウツボグサ、エイザンスミレ、オオカモメヅル、カゼクサ、キンミズヒキ、ケチヂミザサ、ゲンノショウコ、コチヂミザサ、サラシナショウマ、シオデ、シュウブンソウ、セキヤノアキチョウジ、センブリ、ダイコンソウ、タムラソウ、チカラシバ、ツルウメモドキ、ツルシキミ、ツルリンドウ、ネズミガヤ、ノガリヤス、ノブキ、マツカゼソウ、マルバフジバカマ、ミズヒキ、モミジガサ、ヤブタバコ、ヤマアジサイ、ヤマトウバナ、ヤマハッカ、ヤマホトトギス、ワレモコウ

シダ類:
イヌガンソク、イワガネソウ、オオイタチシダ、オオハナワラビ、ノキシノブ、ハリガネワラビ、ヒメノキシノブ、ヒロハイヌワラビ、ヘビノネゴザ、ミゾシダ、ミツデウラボシ、ヤマイヌワラビ、ヤワラシダ

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する