FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2013.04.08(月)湯坂路

○天候:快晴 温度5℃
○参加者:計9名(PV7名VC2名)  
○観察テーマ:「ニオイタチツボスミレ」の観察

猛烈低気圧が通り過ぎて快晴・微風、箱根にもようやく遅い春がやってきた。マメザクラがちょうど見ごろで、ピンクがかった小ぶりの花がコースのいたるところでお出迎えだ。

昨秋に刈りこまれた防火帯にはスミレ類やクサボケなどが咲き始めている。もうじき花の絨毯の様になるだろう。

ニオイタチツボスミレに鼻を近づけて甘い香りに感動する人あり、秋の草花の若々しい今の姿に見入る人あり、かん高い野鳥のさえずりにガビチョウ?ソウシチョウ?と聞き分け談義をする人ありでにぎやかだ。

下山途中で昨年クサアジサイを盗掘された場所でため息をつき表情が曇ったが、その後でハコネグミを発見し元気を取り戻した。

湿地にはネコノメソウ類が顔をそろえ、どこが違うか見比べた。毎年見ていたが昨年は見られなかったアケボノソウが再び姿を見せてホッとする一幕も。

ダイコンソウの大きな葉の間からタチツボスミレの見事な花が立ち上がっている。“ダイコンスミレ”だ!

観察した野鳥
アカゲラ、ガビチョウ、ソウシチョウ、ヤマガラ


○観察した主な植物○
葉:
アケボノソウ、キントキヒゴタイ、サラシナショウマ、ダイコンソウ、ノギラン、ハコネグミ、ユウガギク、ワレモコウ

蕾:
ニワトコ

花:
アオキ、アセビ、アブラチャン、イワボタン、エイザンスミレ、オオバタネ、ツケバナ、オニシバリ、カントウミヤマカタバミ、キブシ、クサボケ、クロモジ、セントウソウ、タチツボスミレ、ナツトウダイ、ニオイタチツボスミレ、ハコネイトスゲ、マメザクラ、モミジイチゴ、ヤブツバキ、ヨゴレネコノメ

果実:
アオキ、カンスゲ、ミヤマカンスゲ、ムカゴネコノメ

シダ類:
アカハナワラビ、イヌガンソク、ヘビノネゴザ

観察した昆虫:
ビロウドツリアブ


 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する