FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2013.08.12(月)湯坂路

○天候:晴天 温度5℃
○参加者:計8名(PV5名VC3名)  
○観察テーマ:「オオナンバンギセル」の観察
○観察コース:湯坂路バス停~湯坂路入口~鷹巣山~湯坂路分岐~千条の滝~はこね金型荘駐車場

猛暑、酷暑、激暑のどの言葉が相応しいのか選択に悩む暑さの中での観察会。それでも箱根は涼しいと言われますが・・・・。観察者達がほぼ高齢者なので、1にも2にも熱中症対策で「細目の水分補給!」を合言葉に。

湯坂路バス停から観察は意外な植物の出会いがあり、日頃帰路にしていたこの1号線の僅かな距離にも、サルナシ、イワガラミ、マユミ、クロモジ、ミミナグサ、キランソウ、等多様な種が観察出来ます。

湯坂路入口からのコースは、花穂の出ていない青々としたススキの中にでかいと言う言葉がお似合いのオオナンバンギセルが数か所で顔を覗かしていた。お見事でしたがだいぶ花弁が傷ついていました。

鷹巣山迄の間に毎年駆除していた筈のオオハンゴンソウの黄色い花に出くわし吃驚。その勝ち誇った様な涼しげな顔を何か所かで目撃。(解散後VCセンターに寄り場所・状況を報告する。)

鷹巣山山頂のテーブルはアリも近づけない程の熱さだった。

分岐から千条の滝への下るコースは蒸し暑く、開花している植物も少なく、ナガエオオカモメヅル、オオカモメヅルをじっくり観察、タテヤマギクのひっそり咲いている姿に癒される。少なくなったオトメアオイ、ニューフェィスには会えませんでしたが、種によっては増減は感じられました。

千条の滝で観光客が20名強いらして、その中の子供たちが蛇骨川の中で水浴びをしている姿は、未だかつてない初めて見る光景でした。親御さんに見守られてはいるものの信じがたい光景でした。今年の暑さを象徴しているかの様でした。

コース内で出会った観光客は稀でした。

13時50分はこね金型荘駐車場で解散。汗だくの1日でしたが熱中症にならずに安堵しました。

《 本日のベスト10 》
オオカモメヅル、オオナンバンギセル、シモツケソウ、シラヤマギク、ヒメヤブラン


○観察した主な植物○
【花を観察した植物】
アキノタムラソウ、イヌホオズキ、エゾタチカタバミ、オトメアオイ、オオハンゴンソウ、オオナンバンギセル、オニドコロ、オオカモメヅル、ガンクビソウ、キランソウ、キンミズヒキ、クルマバナ、ゲンノショウコ、コオニユリ、コガンピ、コダイコンソウ、コバギボウシ、サラシナショウマ、サワヒヨドリ、シオデ、シシウド、シモツケソウ、シラヤマギク、シロバナイナモリソウ、タイアザミ、タテヤマギク、タマアジサイ、ツルニガナ、ツユクサ、トンボソウ、ナガバハエドクソウ、ナガエオオカモメヅル、ナツノタムラソウ、ノブキ、ネバリタデ、ヒメノガリヤス、ヒメガンクビソウ、ヒメヤブラン、ヘクソカズラ、マツカゼソウ、モミジガサ、ヤマアワ、ヤマイ、ヤマキツネノボタン、ヤマトラノオ、ヤマノイモ、ヤマハギ

【蕾を観察した植物】
イヌショウマ、キッコウハグマ、シュウブンソウ、タムラソウ、ツルリンドウ、ハバヤマボクチ、ミヤコアザミ、ヤブタバコ、ヤマテリハノイバラ、ヨモギ、ユウガギク、ワレモコウ

【実を観察した植物】
ウバユリ、ウツボグサ、オオバコ、オオバジャノヒゲ、クロモジ、コバノガマズミ、チダケサシ、ツチアケビ、トチバニンジン、ナワシロイチゴ、ニシキウツギ、 バライチゴ、ヒメジョォン、フタリシズカ、ボケ、ヤシャブシ、ヤマグワ

○ 観察した鳥類 ○
【声を聞いたもの】
アオゲラ、ウグイス、ヤマガラ

○ 観察した昆虫類 ○
アサギマダラ、アカハナカミキリ、オニヤンマ、カラスアゲハ、コバネイナゴ、コミスジ、サトキマダラヒカゲ、シオカラトンボ、ジャコウアゲハ、ヤマトシジミ、ヨツスジハナカミキリ

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する