FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2013.09.09(月)湯坂路

○天候:晴れ 温度5℃
○参加者:計7名(PV5名VC2名)  
○観察テーマ:「オミナエシ」の観察
○コース:林道~湯坂路分岐~千条の滝

カラッとしたさわやかな気候でした。秋を感じる花が沢山咲いていました。ノコンギク、シラヤマギクの野菊が咲き始め、オミナエシはススキをバックにして黄色を引き立てていました。

黄色い花と言えばキンミズヒキ、ヒメキンミズヒキです。道端に咲いた小さな黄色い花は素朴で可憐に感じます。両者の違いを学習しました。花、葉などの違いを教えて頂きましたが、ベテランの方はパット見の印象で分かるようです。

その他にヤシャブシとオオバヤシャブシの違い、ガンクビソウ、ヒメガンクビソウ、サジガンクビソウとの違いも学習しました。よく似た種の同定はマクロ的な視野とミクロ的な視野が必要と感じました。

エナガ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、コゲラの混群に遭遇しました。鳥の世界も季節を感じての行動なのでしょうか。

昆虫では秋の初めに出始めるイチモンジセセリ、ウスバキトンボを観察しました。沢山の花・鳥・虫を観察し秋の訪れを感じる観察会でした。

○ 観察した鳥類 ○
アオゲラ(声)、アカゲラ(声)、エナガ、カケス、クロツグミ(声(地鳴き))、コゲラ(声)、シジュウカラ(声)、ソウシチョウ(声)、トビ、ヒガラ(声)、ヒヨドリ、メジロ(声)、ヤマガラ(声)

○ 観察した昆虫類 ○
イチモンジセセリ、ウスバキトンボ、エンマコオロギ、オオヘリカメムシ、キマダラセセリ、キマワリ、クサキリの仲間、クロウリハムシ、コミスジ、ザトウムシの仲間、サトキマダラヒカゲ、ジガバチの仲間、スジグロシロチョウ、タンザワフキバッタ、ツクツクボウシ、ツマグロオオヨコバイ、ツマグロヒョウモン、ツユムシ、ヒナバッタ、ファウストハマキチョッキリ、ベッコウハナアブ、マメコガネ、ミドリヒョウモン、ミンミンゼミ、ムネアカオオアリ、ヤマトシジミ、ヤマトシリアゲ


○観察した主な植物○
【花を観察した植物】
アキノキリンソウ、アキノタムラソウ、イヌトウバナ、ウツボグサ、オオアレチノギク、オオカモメヅル、オオバコ、オミナエシ、ガンクビソウ、キツネノボタン、キンエノコロ、キンミズヒキ、ケツユクサ、ゲンノショウコ、コウゾリナ、コバノカモメヅル、コボタンヅル、コマツナギ、サジガンクビソウ、サワヒヨドリ、シモツケソウ、シュウブンソウ、シラヤマギク、ススキ、タイアザミ、ダイコンソウ、タテヤマギク、タニタデ、タムラソウ、ツユクサ、ツリフネソウ、ツルリンドウ、ヌスビトハギ、ノコンギク、ノブキ、ハイメドハギ、ハンゴンソウ、ヒメガンクビソウ、ヒメキンミズヒキ、ヒメジソ、ヒヨドリバナ、マルバハギ、マルバフジバカマ、モミジガサ、ヤブマメ、ヤマハギ、ヤマホトトギス、ワレモコウ

【蕾を観察した植物】
イヌショウマ、キッコウハグマ、サラシナショウマ、シロヨメナ、タムラソウ、ツルリンドウ、テンニンソウ、ハバヤマボクチ、ホトトギス、マツカゼソウ、ヤマラッキョウ、リュウノウギク

【実を観察した植物】
アズマイバラ、アリノトウグサ、ウバユリ、オオバノトンボソウ、オカトラノオ、コバギボウシ、シオデ、タイアザミ、ダイコンソウ、タンナサワフタギ、ツチアケビ、ツリバナ、ツルウメモドキ、ツルシキミ、トンボソウ、ヌスビトハギ、ノギラン、ハコネハナヒリノキ、フタリシズカ、マユミ、マルバダケブキ、ミズタマソウ、ミツバウツギ、ムラサキシキブ、ヤシャブシ、ヤブハギ、ヤマニガナ

【その他観察した植物】
クサイチゴ、シモツケ、チダケサシ、ナガバノハエドクソウ、フユノハナワラビ


 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する