FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年9月25日

今にも雨に変わりそうな曇り空です。気温18℃、箱根の寒さにびっくりです。本日は、パークボランティア9名で、子供の広場、ススキ草原、野鳥小屋、高原ホテルへの道で自然情報収集をおこないました。

季節は初秋を迎え、これからはいろいろな木の実が観察できます。
ウメモドキ モチノキ科 モチノキ属
ウメモドキ VC20200925
道路を横断してすぐの所で、ウメモドキの実が赤く色づき輝いています。葉の形がウメに似ていることが名の由来と言われていますが、あまり似ていません。

ニシキギ ニシキギ科
ニシキギ VC20200925
ニシキギの葉が色づき始めました。実はまだ青いですが、やがて実は裂け、ベレー帽のような果皮と朱赤の仮種皮が現れます。もうすぐ、毎年やってくる秋の箱根の風景となります。

オミナエシ スイカズラ科 オミナエシ属
オミナエシ VC20200925
ススキ草原の中では秋の七草オミナエシが凛として咲いていました。

キントキヒゴタイ キク科 トウヒレン属
キントキヒゴタイ1 VC20200925
今年もキントキヒゴタイが見られました。毎年9月の第4金曜日頃には開花します。毎年忘れずに咲く自然の力に感謝です。花柱の先端が大きく分かれているのがトウヒレンの仲間の特徴です。よく似たアザミの仲間はほとんど分かれません。

シロヨメナ キク科 シオン属
シロヨメナ VC20200925
シロヨメナは、ノコンギクとともに箱根でよく見られる野菊です。日陰に咲き、葉は3脈が目立ちます。まだ蕾でしたがキントキヒゴタイの周辺にたくさん生えていました。

アキノキリンソウ キク科 アキノキリンソウ属
アキノキリンソウ VC20200925
子供の広場ではアキノキリンソウが咲いていました。草原の中で鮮やかな黄色が良く目立ちます。春に咲くベンケイソウ科のキリンソウに似て、秋に咲くことからアキノキリンソウと名前が付けられました。

ミツバアケビ
ミツバアケビ VC20200925
今、園地のいろいろな所でミツバアケビが見事に実っています。ミツバアケビは、熟した果肉をサルなどの動物が食べ、糞として出た後にさらにアリが種子を運んで分散(被食散布)されます。

キッコウハグマ
キッコウハグマ1 VC20200925
高原ホテルへの道の林間にはキッコウハグマが蕾をつけていました。キッコウハグマも秋の到来を感じされてくれる野草の一つです。閉鎖花となることも多いですが、白い花(開放花)を咲かせます。

オオハナワラビ ハナヤスリ科 ハナワラビ属
オオハナワラビ1 VC20200925
キッコウハグマの周辺にはオオハナワラビが出ていました。オオハナワラビも箱根に秋が来たことを感じさせてくれるシダ植物です。葉は全体が五角形の形で1枚の葉のように見えます。葉には鋭い鋸歯があります。胞子葉は花茎のように伸び、秋から冬に黄熟します。

ガマズミ ガマズミ科 ガマズミ属
ガマズミ VC20200925
ビジターセンター入り口近くの庭にあるガマズミの実が、今年も赤い綺麗な実を沢山つけています。

季節はあっという間に秋に変わりつつあります。箱根の秋を、自然の素晴らしさを、思いっきり五感で感じ、満喫しましょう。

本日のトップ10
1.  キントキヒゴタイ  開花
2.  ヒメジソ  開花
3.  ハイメドハギ  開花
4.  ハナタデ  開花
5.  シロヨメナ  蕾・開花
6.  ヤマボウシ  果実
7.  ミツバアケビ  果実
8.  カケス  野鳥 さえずり
9.  ツマグロヒョウモン 昆虫
10. ムネアカオオアリ  昆虫

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する