FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年8月28日

連日猛暑が続いています。本日は、小雨の中、パークボランティア11名が、2つのグループに分かれて、県事務所周辺、レイクホテル周辺、桃源台駅付近、花の広場の自然情報を収集しました。

ミズヒキ タデ科 イヌタデ属
ミズヒキ1 VC20200828
ミズヒキがビジターセンター周辺のいろいろな所で咲いています。存在感はないですが、夏の終わりから晩秋にかけて長く咲き続けます。花が終わっても花被は果実を包んで色を残しています。

キンミズヒキ バラ科 キンミズヒキ属
キンミズヒキ VC20200828
黄色の花のキンミズヒキも咲いていました。キンミズヒキはバラ科の植物で、タデ科のミズヒキとは別物です。

ミズタマソウ アカバナ科 ミズタマソウ属
ミズタマソウ VC20200828
ミズタマソウは果実の表面に白い毛が密集しています。小雨の中、濡れた果実が水玉のように輝いていました。園地のいろいろな場所で見ることができました。

ツチアケビ ラン科 ツチアケビ属
ツチアケビ VC20200828
これまで観察したことがない場所にツチアケビの果実が出ていました。毎年同じ場所に出ることが多いですが、このように新しい場所で遭遇することもあります。

マツムシソウ スイカズラ科 マツムシソウ属
マツムシソウ VC20200828
県事務所の横庭に今年はマツムシソウが群生しています。花は上を向いて咲きます。昆虫が止まりやすいので色々な虫に人気があります。ヒメアカタテハとイチモンジセセリが花の蜜を吸っていました。

フクロツチガキ ヒメツチグリ科 ヒメツチグリ属
フクロツチガキ VC20200828
ビジターセンター駐車場近くの林内の落ち葉上に生えていました。不思議な形です。名前のとおり柿の実のヘタに似た形をしています。ツチグリはよく見ますが、フクロツチガキは初めてでした。

ユウガギク キク科 シオン属
ユウガギク VC20200828
園地では野菊が咲き始めました。ユウガギクは、夏の初めから咲き始め、9月頃まで咲きます。下部の葉が羽状に切れ込むのが特徴です。花をつける枝は横に広がって出ます。名前の由来とされる柚の香りは殆どしません。

シラヤマギク キク科 シオン属
シラヤマギク VC20200828
シラヤマギクも静かに咲き始めました。シラヤマギクは、花びらがまばらで、上にかたまって咲きます。下の葉には翼がある長柄があって、スペード型であることが特徴です。

ツリフネソウ ツリフネソウ科 ツリフネソウ属
ツリフネソウ VC20200828
レークホテル周辺でツリフネソウが群生していました。花は横を向いて咲きます。蜜は花の奥にあるので、ハナバチがこじ開けて潜り込み吸蜜します。今日はハナバチの仲間を見ることができませんでした。雨がやまないのでハナバチの仲間は、どこかで休憩しているのでしょうか。

ツリガネニンジン キキョウ科 ツリガネニンジン属
ツリガネニンジン VC20200828
桃源台駅付近でツリガネニンジンが咲き始めていました。根を朝鮮人参に、花の形を釣鐘にたとえて、この名がつきました。花は下を向いています。沢山の花をつり下げてハナバチやチョウの訪れを待っています。器用な脚を持つハナバチはこの花にとって最も効率よく花粉を運んでくれる相手です。

いつのまにか季節は秋の気配がただよい、園地では秋の花が咲き始めています。季節はあっという間に変わります。次の観察会は秋の花でいっぱいかもしれません。

本日のトップ10
1.  マツムシソウ  花盛り
2.  ツリガネニンジン  花盛り
3.  ツリフネソウ  花 咲き始め
4.  ミズタマソウ  花 咲き終わり
5.  ユウガギク  花 咲き始め
6.  ミズヒキ  花盛り
7.  イチモンジセセリ  マツムシソウ周辺飛翔
8.  ヒメアカタテハ  マツムシソウ周辺飛翔
9.  ヤブキリ  葉の上で休息
10. フクロツチグリ  成熟途中

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する