FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年7月24日

長い梅雨はまだ空ける様子もありません。曇り空、気温21℃と涼しい箱根ビジターセンター園地です。本日は、パークボランティア7名とビジターセンター職員1名で、環境省事務所付近から、子供の広場、野鳥の森を歩き、自然情報を収集しました。

シロバナイナモリソウ アカネ科 イナモリソウ属
シロバナイナモリソウVC20200724
シロバナイナモリソウの白い花がまだ開花していました。春から初夏までと花の期間が長いです。花冠の長さが約1cmと小さな清楚な花です。地域によっては絶滅危惧種Aに指定されていますが、箱根ではいろいろな場所で見ることができます。

オトギリソウ オトギリソウ科 オトギリソウ属
オトギリソウVC20200724
漢字名は「弟切草」、兄が秘密にしていた鷹の傷薬を、弟が勝手に他人に漏らしたため、激怒した兄に切り殺されたという伝説に由来します。葉は披針形で対生、茎を抱きます。花弁は5 枚、黄色で、辺縁に黒点、内部に黒線があります

コマツナギ マメ科 コマツナギ属
コマツナギ VC20200724
草本のように見えますが木の仲間です。ハギに似た花を咲かせます。名前のコマツナギ(駒繋)は、茎が丈夫で、土中での根の張りも強く、引き抜くのも難しいので、駒(馬)をつなぐことも出来るという説があります。

ツルアジサイ アジサイ科 ツルアジサイ属
ツルアジサイ1 VC20200724
ツルアジサイは実になりかけていました。ツルアジサイとイワガラミは共に幹から多数の根を出して木や岩を這い上り、葉も対生で良く似ています。ツルアジサイの飾り花の萼片は花弁状で4個、イワガラミはハート形(ラケット形)で1個であることで識別できます。

ガクアジサイ アジサイ科 アジサイ属
ガクアジサイ VC202020724
梅雨空の景色でその美しさが映える花の一つにアジサイがあります。ガクアジサイは日本原種の種です。ガクアジサイは装飾花が額縁のように花序の外周に一列に並んでいるので「額紫陽花」。額縁に囲まれた絵の部分には、雄しべと雌しべをもつ小さな両性花がぎっしり集まっているのが見えます。

タマアジサイ アジサイ科 アジサイ属
タマアジサイ VC20200724
タマアジサイの開花が始まりました。アジサイの仲間ではもっとも花期が遅く、箱根では10月頃まで花が見られます。花には蜜はなく、花粉を食べにヨツスジハナカミキリ、マルハナバチ等の昆虫が集ります。

シシウド セリ科 シシウド属
シシウド VC20200724
シシウドの花が咲き始めました。シシウドは数年かかって花を咲かせ、種子を結んで一生を終えます。小さい花がたくさん集まって大きなお皿のようになり、良く目立つので、ハナカミキリやハナムグリの仲間などたくさんの虫が群がってきます。

ホオジロ スズメ目 ホオジロ科
ホオジロ VC20200724
子どもの広場では、ホオジロが大きなヒノキの頂きで胸を張った姿勢で、さえずりをしていました。

ヒメキマダラセセリ チョウ目 セセリチョウ科
ヒメキマダラセセリVC20200724724
野鳥の森で、ヒメキマダラセセリを見つけました。食草はイネ科植物で、幼虫で冬を越し、春に蛹になって成虫になります。箱根では5~8月に成虫が見られます。

ニホントカゲ トカゲ亜目 トカゲ科
ニホントカゲ VC20200724
ニホントカゲが、自然学習路入り口の板敷きの上に、体を温めていました。幼体は、黒色に明瞭な縦筋模様があり、尾は青色をしています。

ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属
ヤマボウシ VC20200724
ヤマボウシは青い果実となり、葉より上に飛び出ていました。やがて赤く熟して動物や野鳥の腹を満たすことでしょう。

本日のトップ10
1.  オトギリソウ  開花
2.  コバギボウシ  開花
3.  ガクアジサイ  開花
4.  シロバナイナモリソウ  開花
5.  ノリウツギ  開花
6.  ヤマボウシ  果実
7.  コマツナギ  開花
8.  ホオジロ  木の頂きでさえずり
9.  エナガ  枝から枝に飛び回り
10. ヒメキマダラセセリ  葉の上で休息

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する