FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ビジターセンター周辺自然情報 2020年7月10日

長い梅雨の季節が続いています。本日は、小雨が降る中、パークボランティア12名が2つのグループに分かれて、花の広場から、こどもの広場、自然学習路の自然情報を収集しました。

アブラチャン クスノキ科 クロモジ属
アブラチャン VC20200710
花の広場のアブラチャンが緑色の実を付け始めました。実は9月~10月頃には緑黄褐色に熟します。

イオウゴケ ハナゴケ科 ハナゴケ属
イオウゴケ VC20200710
花の広場くにある木製ベンチ端にイオウゴケが繁殖していました。温泉地や火山地帯などの硫黄分が多い場所に分布する地衣類です。花のような形に見える朱色の子器と呼ばれる部分は「モンローリップ」とも呼ばれます。
イオウゴケ拡大写真
イオウゴケ1 VC20200710

リョウブ リョウブ科 リョウブ属
リョウブ VC20200710
花の広場のリョウブが満開です。花の香りがすごく、コガネムシ類や小型のカミキリムシ類、ハチ類など、多くの昆虫を引き寄せます。

ノリウツギ アジサイ科 アジサイ属
ノリウツギ VC20200710
花の広場では初夏の花ノリウツギが開花しました。白い円錐形の花序はそれだけでノリウツギとわかります。

オカトラノオ サクラソウ科 オカトラノオ属
オカトラノオ2 VC20200710
花の広場の草原ではオカトラノオが咲いていました。昨年はこの季節にはオカトラノオの群生が見られたのですが、今年は少なくなったような気がします。

こちらはビジターセンター横に咲いていたオカトラノオです。
オカトラノオ VC20200710
一度垂れた穂先の先端が少し上を向く形状が虎の尻尾に見えます。花は下から咲き上がり、垂れる山の所に咲く花がちょうど受粉適期で花粉を出し虫を呼んでいます。

クサレダマ サクラソウ科 オカトラノオ属
クサレダマ VC20200710
クサレダマも同じ花の広場草原に群生していました。こちらもサクラソウ科です。葉は対生または3~4枚が輪生します。

ノハナショウブ アヤメ科 アヤメ属
ノハナショウブ VC20200710
こどもの広場ススキ草原のなかで清楚に咲くノハナショウブは気品があり美しいです。

カキラン ラン科 カキラン属
カキラン VC20200710
カキランは毎年この時期にひっそりと咲いて姿を見せてくれます。今年も出会うことができました。

本日のトップ10
1. ノリウツギ 開花
2. オカトラノオ 開花
3. ヤマホタルブクロ 開花
4. ノハナショウブ 開花
5. カキラン 開花
6. イオウゴケ 朱色の子器
7. ヒガラ  囀り
8. ホトトギス  囀り
9. ウラギンヒョウモン 昆虫 オカトラノオの花の上
10.ニワハンミョウ 昆虫 草陰で雨宿り

箱根PV 高橋


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する