FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2020年2月14日

暖冬のためか、9時半の気温が7℃と、暖かい2月の箱根です。ビジターさん7名に参加いただき、パークボランティア12名、合計19名のミニ観察会です。本日のテーマは「箱根のネズミとリスの仲間」です。観察会の前に20分ほど、箱根で生息しているネズミとリスの仲間について学びました。

箱根には、ニホンリス、ムササビ、カヤネズミなど、現在8種類の在来のネズミやリスの仲間が生息しています。その他に4種類の移入種が生息しています。VC周辺でもカヤネズミの巣が見つかったり、オオシマザクラの木の下にムササビの食痕が落ちていたり、雪の朝にはニホンリスの足跡が見つかったりしています。

箱根のネズミとリスの仲間について勉強した後は、春の兆しを見つけながら、動物たちのサインも探しながら観察会に出かけました。

シカの食痕 キヅタ ウコギ科
シカの食痕キヅタ VC200214
子供の広場にあるキヅタの木の枝にシカに食べられた痕がありました。

キヅタの果実と虫えい(虫こぶ)
キヅタ VC200214
キヅタの果実も観察しました。花柱が残っている小さいほうがキヅタの果実です。大きくふくらんで果実のように見えるのが、キヅタツボミフクレフシという虫えい(虫こぶ)です。中にはタマバエの幼虫が入っています。

ナガコガネグモの卵嚢
ナガコガネグモの卵嚢 VC200214
ススキ草原の中で、ススキにぶら下がっている小さな卵形の袋のようなものを見つけました。これはナガコガネグモの卵嚢で、ナガコガネグモが中に卵を産み、子グモが中で越冬しています。子グモは5月~6月頃に卵嚢から外へ出て来ます。

ムササビの食痕 オオシマザクラ
ムササビの食痕 VC200214
子供の広場、オオシマザクラの付近にはムササビが食べたと思われる枝が落ちていました。落ちた枝は鋭く噛み切られ、新芽はすべて食べられていました。

ヤマアカガエルの卵塊 アカガエル科
ヤマアカガエルの卵塊 VC200214
野鳥小屋の池にはヤマアカガエルが冬眠から起きて卵を産み付けていました。今年のヤマアカガエル産卵時期は記録的に早いようです。

オニシバリ ジンチョウゲ科
オニシバリ雄花 VC200214
箱根に春を告げる花、オニシバリの雄花が開花していました。ビジターセンター園地の他の場所では雌花もすでに開花しています。

ヤドリギ ビャクダン科
ヤドリギ VC200214
白百合台園地では、ヤドリギが黄色い実をつけていました。甘くて粘り気のあるこの実はレンジャク類の大好物です。
同じ木にオレンジ色に熟した実もついていました。こちらはアカミヤドリギと呼ばれます。
アカミヤドリギ VC200214

オオイヌノフグリ オオバコ科
オオイヌノフグリ VC200214
ビジターセンターすぐ近くでオオイヌノフグリがもう花を咲かせていました。花はパラポラアンテナのようなお椀型です。
春はそこまで来ています。

高原ホテルからビジターセンターへ行く道では、今日もウソとカシラダカの姿を見ることができました。ウソは相変わらずソメイヨシノの冬芽をひたすら食べていました。

本日のトップ10
1.  オニシバリ 花・蕾
2.  ヤドリギ・アカミヤドリギ 果実
3.  ヒイラギナンテン 花・蕾
4.  ウソ  野鳥 姿を観察
5.  カシラダカ  野鳥 姿を観察
6.  ヤマアカガエルの卵塊 
7.  ナガコガネグモの卵嚢
8.  ムササビの食痕 オオシマザクラの枝
9.  シカの食痕 アオキ、キヅタの枝
10. モグラ塚

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する