FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

2020年1月15日芦ノ湖西岸自然情報

2020年最初の芦ノ湖西岸コース自然情報収集。
未明までは雨模様だった今日の箱根。標高の高いところは薄ら白くなっていました。
箱根町港9時のスタート時の天候は晴れ。気温は2℃です。

芦ノ湖西岸コースは、2019年台風19号災害により、数箇所路盤流出があるため、湖尻水門~白浜ネット上では通行止になっています。
よって自然情報は、箱根町港~白浜桃源台~湖尻水門で行っております。
危険ですので通行止エリアには立ち入らないようお願いします。

参加PVは2名、多くの鳥たちに見送られて出発しました。
一番印象的だったのが、至近距離で見られたアオサギです。お気に入りの場所なのか、鳥には珍しく、案内看板が設置してありました。

アオサギ サギ科
202001西岸あおさぎ


スタートするとカワセミが目の前を通過。新年早々、幸せの青い鳥と出会えました。

季節柄、植物の観察は少ないため、普段より早いペースで進みました。

果実として観察できたものでは、ノイバラとサルトリイバラが多く印象的に残りました。

サルトリイバラ サルトリイバラ科
2018年度版神奈川県植物誌でユリ科からサルトリイバラ科に変更されました。
希にトゲの無いものがありますが、そちらは、トゲナシサルトリイバラという別の植物になります。

202001西岸サルトリイバラ


冬の花の代名詞、オニシバリはまだつぼみが堅い状態です。

オニシバリ ジンチョウゲ科
枝を曲げても折れないので、鬼も縛れるということで、この名の由来になりました。
夏に葉を落とすので、別名「ナツボウズ」。
雌雄異株で雄株の方が先に花が咲きます。
おにしばり 202001西岸


目立った植物は、コケ類の、オオカサゴケとヒノキゴケ。

オオカサゴケは日に当たりキレイでした。

オオカサゴケ ハリガネゴケ科
きれいに見えるので園芸用でも販売されています。
私の地元川崎市でも街路樹の根元にあったりします。

202001西岸」おおかさごけ


ヒノキゴケ ヒノキゴケ科
こちらも園芸用で販売されているようです。

2020 1 ヒノキゴケ 西岸


白浜付近まで来ると、カンムリカイツブリの群れが寝ており、漂流していました。
今回の水鳥の観察で一番印象的でした。

カンムリカイツブリ カイツブリ科
202001カンムリカイツブリ西岸


また、ネコヤナギの一部が何者かにより食べられていました。
その足下には犯人の足跡が残されていました。

202001西岸


白浜のネコヤナギは早春の楽しみですので、これ以上食べられないことを祈るばかりです。

犯人はもちろん、「シカ」です。

白浜からの駒ヶ岳。
薄ら白くなっています。
202001コマガタケ西岸



午後はVC周辺でもありますが、西岸コースの一部にもなっている桃源台~湖尻水門の観察。

先月も確認している、アセビの開花とジョウビタキ、シロハラ、ウソの観察が収穫でした。
ツグミを確認できなかったのが残念でした。

ジョウビタキ ヒタキ科
書籍によってはツグミ科に分類されているものもありますが、ツグミ科の多くはヒタキ科に変更されているので、どちらも間違いではありません。
ツグミがヒタキ科に分類されている書籍もあります。

今回は正面からの画像ですが、ジョウビタキは両翼にある白い♡マークがチャームポイントでもあり、特徴です。
「ヒィ、ヒィ」と常に鳴くので、その名の由来になりました。

2020 1 ジョウビタキ 西岸

ウソ♂ アトリ科
アトリ科の鳥は嘴が特徴的です。
ウソ♂は首筋が赤いところが特徴です。

ウソ 202001西岸


亜種のアカウソは首筋から胸に掛けて赤くなっているのが特徴で、見分けるポイントです。

アカウソ 202001西岸



全体を通して、トビが非常に多く観察できました。

トビ タカ科
202001西岸」とび

薄ら白い、箱根の熊さん。
202001西岸クマさん


本日のトップ10
① カンムリカイツブリ
② アオサギ
③ カワセミ
④ ヒノキゴケ
⑤ オオカサゴケ
⑥ サルトリイバラ
⑦ ネコヤナギとシカの食痕と足跡
⑧ ウソ
⑨ トビ
⑩ ジョウビタキ

箱根PV 段
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する