FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2020年1月9日

 今年初めての金時山です。例年ですと霜柱や氷柱があるのですが、全くなく、春のような陽気です。そのためか花が咲いていました。タチツボスミレとキジムシロです。この時期に下界より寒さが厳しい金時山で咲いているとは何だか変です。植物は変ですが、空気は澄んでいいるようです。金時山の頂上からは富士山、南アルプが眺望できました。富士山、北岳、間ノ岳も見えて日本で標高の高い山のワンツースリーです。

富士山
乙女峠から見た富士山です。金時山では雲がかかっていませんでしたが、午後になると雲が出やすいのかも知れません。
富士山金時200109

南アルプス
金時山の頂上からです。左側で雪を被った尖った形の山が北岳でその左が間ノ岳です。右側で少し雪を被っり尖った形の山が甲斐駒岳です。
北岳金時200109

タチツボスミレ   スミレ科
この時期に咲いていました。最近暖かいためでしょうか。何だか変です。
タチツボスミレ金時200109

カナバナヒメイワカガミ      イワウメ科
葉は秋には暗赤紫色に紅葉するようです。この時期に未だ紅葉していました。名前の由来は岩場に多く自生し、葉が鏡のように光沢があることを見立てたこととか。
イワカガミ金時200109

ツルリンドウ     リンドウ科
寒い冬でも葉が凍らないです。ロゼット葉で光合成を行い、しょ糖などの炭水化物が作られ、そのしょ糖を葉に蓄積し、更に茎にも運び蓄えることで凍結温度を下げてるようです。
ツルリンドウ1金時200109

リンドウ   リンドウ科
咲き終わって茶色く変色して枯れています。地下は生きているので、冬を越すようです。
リンドウ金時200109

ニシキウツギ     スイカズラ科
実は小さなバナナのように見えます。緑色から褐色に熟して枯れています。ウソ、ベニマシコ等の鳥の冬の食べ物になっています。
ニシキウツギ金時200109

ブナの冬芽      ブナ科
披針形で、先は鋭くとがっています。本年枝と2年枝の境にはっきりした輪状の芽鱗痕があるようです。この写真では分かりますか。
ブナ金時200109

オトコヨウゾメの冬芽  スイカズラ科
冬芽が枝先に1個と2個ついている場合があります。 1個の場合は頂芽で2個の場合は仮頂芽だそうです。
オトコヨウゾメ金時200109

イノシシの土耕跡
乙女峠の登山口にあるお地蔵さんの周りで耕していました。イノシシさん、お地蔵さんが泣いてますよ。輪廻六道を知ってますか。今度は地獄に落ちますよ。
イノシシ金時200109

本日のトップ10
①コカンスゲ            葉
②ミヤマカンスゲ         葉
③ノイバラ             葉
④ツルリンドウ          葉
⑤アカバナヒメイワカガミ    葉
⑥タチツボスミレ         花
⑦キジムシロ           花
⑧コボタンヅル          葉
⑨ウソ               野鳥、地鳴き
⑩イノシシの土耕跡

箱根PV 原田育生
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する