FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年12月13日

紅葉が終わり木々の葉がすっかり落ちた冬の箱根です。静寂でゆっくり自然を楽しめるもこの季節です。ビジターさん4名(内初めて参加の方1名)、パークボランティア12名、合計16名のミニ観察会を開催しました。本日のテーマは「芦ノ湖の水鳥たち」です。

湖面の水鳥の様子
写真1:湖面の水鳥の様子
芦ノ湖キャンプ場から湖尻水門にいた水鳥の様子です。水面で採食している水鳥、潜水して採食している水鳥、休息している水鳥など、芦ノ湖に渡ってきた水鳥を観察することができます。

オオバン(ツル目クイナ科)
写真2:オオバン(ツル目クイナ科)
この水鳥は、芦ノ湖では夏にいないため漂鳥と考えられます。水面を泳いだり潜水して水草の葉・茎・種子を食べるほか、水辺の昆虫・貝、甲虫類も採食します。他の水鳥よりも警戒心が少ないのか、湖岸近くで泳ぐ姿も見られました。

キンクロハジロ(カモ目カモ科)
写真3:キンクロハジロ(カモ目カモ科)
この水鳥は冬鳥です。一般的に日中は休息して、夕暮れから活動することが多いといわれていますが、潜水して餌を探している個体も見られました。

ホシハジロ(カモ目カモ科)
写真4:ホシハジロ(カモ目カモ科)
この水鳥も冬鳥です。群れで行動することが多く、この日も数多く観察できた水鳥です。潜水して餌を探している個体もいましたが水上で休息している個体も見られました。

オカヨシガモ(カモ目カモ科)
写真5:オカヨシガモ(カモ目カモ科)
この水鳥も冬鳥です。過去2回のミニ観察会の水鳥観察では見られなかった水鳥ですが、今年は雄と雌が揃って、比較的数多く見られました。雄は嘴が黒く、下尾筒の黒色が特徴です。

カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
写真6:カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
この水鳥も冬鳥です。長い時間を潜水して餌を探すため、双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥です。今回は湖岸近くを通過したため容易に観察できました。頭に冠をかぶっているような模様が特徴です。

ハジロカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
写真7:ハジロカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
この水鳥も冬鳥です。この水鳥も潜水が巧みで双眼鏡で見つけても追跡が難しい水鳥です。フィールドスコープで2羽を見つけましたが、潜水を繰り返して沖合に離れていきました。水上では黒っぽいが、飛びたつと羽の内側に白い部分が見えるのでこの名前が付いたようです。

水鳥観察の後、白百合台園地に移動して冬鳥を観察しました。

シロハラ(スズメ目ヒタキ科)
写真8:シロハラ(スズメ目ヒタキ科)
この山野の鳥も冬鳥です。おなかが白っぽいのが特徴です。おなかの色が白いからシロハラと名前がついたようです。イヌツゲの果実を夢中でついばんでいました。

コゲラ(キツツキ目キツツキ科)
写真9:コゲラ(キツツキ目キツツキ科)
この山野の鳥は留鳥で、箱根ではいつでも見られますが、野鳥観察会で出会うと時間を忘れて見入ってしまう山野の鳥です。キツツキの古名「けらつつき」からキツツキと変化し、コゲラは小さなキツツキから「こけらつつき」、「こけら」から濁音が入り「コゲラ」と呼ばれる様になったと聞いています。

ジョウビタキ(スズメ目ヒタキ科)
写真10:ジョウビタキ(スズメ目ヒタキ科)
この山野の鳥も冬鳥です。翼に白い斑があり、雄は胸からおなかが橙色なのが特徴です。開けた環境を好み1羽でいます。時々ピョコンとおじぎをして尾をふるわせている姿をよく見かけます。

ツルマサキ (ニシキギ科)
写真11:ツルマサキ(ニシキギ科)
常緑つる植物のツルマサキは、枝の各所から気根を出して絡みつき樹上によじ登ります。野鳥はこの実が大好きです。コゲラも最初ツルマサキの木にとまっていて、それからマユミの木に移動しました。

最後にビジターセンター前に戻り、本日観察した野鳥の種類を全員で確認しました。水鳥および山野の鳥、合計28種を観察しました。
観察場所は限られますが毎年継続して芦ノ湖で見られる水鳥たちの種類、生態、採食行動を観察し、彼らと彼らを取り巻く環境を考えていければと思います。

本日のトップ10
1.  オオバン
2.  オカヨシガモ
3.  ホシハジロ
4.  キンクロハジロ
5.  カンムリカイツブリ
6.  ハジロカイツブリ
7.  シロハラ
8.  コゲラ
9.  ツルマサキ 果実
10. ヤドリギ  果実

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する