FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2019年12月2日(月)

今年度最後の湯坂路でした。雨の予報が出ており、せめて曇り程度を願っていましたが大雨になりそうな気配を感じわずかに歩いたのみにて終了しました。箱根では12種のバラ科キイチゴ属が記録されていますが湯坂路ではこれまでに8種を観察していました。そこで今回はこの仲間を探して歩き6種を観察しました。

バライチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
茎には細い鉤型の棘があり、葉は羽状複葉で小葉の葉先は鋭くとがっています。葉の縁には細かい鋸歯があります。今回は花が見られませんでしたが枝先に4cmほどの大きな白い花を上向きにつけます。よく似たクサイチゴには茎に軟毛があります。
バライチゴ湯坂路191202

ニガイチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
枝は粉白色を帯び細い棘が沢山見られます。葉は卵形であさく3裂していますが切れ込がないこともあります。葉の裏面は粉白色です。花は白く上向きに咲きます。
ニガイチゴ湯坂路191202

クマイチゴ  (バラ科 キイチゴ属))
茎が名前は熊が好んで食べるところから付けられと言われています。茎に太めの棘があります。葉は広い卵形で3~5浅裂し先は尖り、縁に鋭い鋸歯がある。花は枝先に数個付きます。
クマイチゴ湯坂路191202

エビガライチゴ  (バラ科 キイチゴ属)
 茎が蔓状になり、紫赤色の腺毛が密生しています。夏に総状花序の淡紅紫色の花を付けますが湯坂路ではまだ花の咲いたのを見ていません。
エビガライチゴ湯坂路191202

シダ  (前葉体と子葉)
 やや湿った土手に色々な段階のシダが見られます。時間をかけて観察したいものです。ウラジロになりそうなシダも見られました。
シダ前葉体湯坂路191202

ヒメノキシノブ  (ウラボシ科 ノキシノブ属)
イロハモミジの幹に着生していました。雨の中で緑が美しく生き生きして見えました。幹のくぼみには水が流れていました。
ヒメノキシノブ湯坂路191202

イロハモミジに太いチエ-ンが食い込んで痛々しく見えました。何年も歩いた湯坂路ですがこの姿に気が付いたのは全員、初めてでショックを受けました。チエ―ンは何年前の外し忘れたのでしょうか?
イロハモミジ湯坂路191202

《本日のトップ10》
①バライチゴ (葉)
②ニガイチゴ (葉)
③クマイチゴ (葉)
④モミジイチゴ (葉)
⑤エビガライチゴ (葉)
⑥クサイチゴ (葉)
⑦ツルリンドウ (果実)
⑧トウゲシバ (胞子膿)
⑨ノガリヤス (果実)
⑩シダの前葉体
                   箱根PV 山本
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する