FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年11月22日

ここ数日で箱根の山々の木々が一斉に色づき紅葉の真っ盛りです。朝からあいにくの雨です。とても寒いですが、ビジターさん2名に参加いただき、パークボランティア12名、合計14名のミニ観察会を開催しました。本日のテーマは「晩秋の紅葉を探しに出かけましょう」です。

イロハモミジ ムクロジ科
イロハモミジ 1 VC191122

イロハモイジVC191122
ビジターセンター駐車場のイロハモミジが今年も真っ赤に色づきました。

ウリハダカエデ ムクロジ科
ウリハダカエデ1 VC191122
花の広場のウリハダカエデはすでに落葉しています。葉が地面に落ちた姿はこれもまた美しいです。
よく似たホソエカエデとの違いを観察しました。

オオモミジ ムクロジ科
オオモミジVC191122
オオモミジの紅葉が盛りです。ビジターセンター周辺では一番よく見られる紅葉・黄葉です。

ミズナラ ブナ科
ミズナラ1 VC191122
県事務所駐車場付近のミズナラは、黄葉に緑色や褐色が混じりあい今年は特に美しいです。

リンドウ リンドウ科
リンドウ VC191122
雨なので花は閉じていますが、リンドウがビジターセンター周辺のいろいろな所で見られました。

オニシバリ ジンチョウゲ科
クロモジとオニシバリVC191122
夏に葉を落としたオニシバリが葉を付き始めていました。毎年2月にはビジターセンター周辺で一番先に花を咲かせます。
隣に冬芽を付けたクロモジが黄葉しています。

ジャノヒゲ クサスギカズラ科
ジャノヒゲ VC1122
オニシバリのすぐ傍にジャノヒゲが果実をつけています。これから鮮やかなコバルトブルーになります。

サルトリイバラ サルトリイバラ科
サルトリイバラ VC191122
今年はあまり見られなかったサルトリイバラの赤い果実を見つけました。雨に濡れて光り輝いていました。

ケヤキ ニレ科
ケヤキ3 VC191122
花の広場ではケヤキの最後の黄葉が見られます。扇形に枝を広げる樹形は雄大で品格があります。

オオハナワラビ ハナヤスリ科
オオハナワラビVC191122
オオハナワラビが落ち葉の中からあちらこちらで出ていました。葉は全体が五角形の形で、葉には鋸歯があり鋭く尖ります。

ガマズミ ガマズミ科
ガマズミ1 VC191122
ビジターセンター入り口付近では、ガマズミの黄葉の中に赤い果実が付いているのが見られます。

本日のトップ10
1.  イロハモミジ 紅葉
2.  オオモミジ  紅葉
3.  ウリハダカエデ 紅葉
4.  ウリカエデ 紅葉
5.  ミズナラ 紅葉(黄葉)
6.  クロモジ 紅葉(黄葉)
7.  ケヤキ 紅葉(黄葉)
8.  コシアブラ 紅葉(黄葉)
9.  リンドウ 花
10. サルトリイバラ 果実

箱根PV  高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する