FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年11月8日

本日は立冬、やや寒いですが、晴れて気持ちのよい絶好の観察日和に恵まれました。ビジターさん8名に参加いただき、パークボランティア12名、合計20名のミニ観察会を開催しました。本日のテーマは「晩秋を楽しむ」です。晩秋の果実や花々、紅葉、落ち葉などを観察します。

ガマズミ ガマズミ科
ガマズミ2 VC191108
ビジターセンター入り口付近や自然学習路ではガマズミが赤い果実を沢山つけています。
ガマズミの由来は諸説ありますが、山の神からの授かり物として「神の実」と呼ばれたことが語源とされる説があります。マタギは獲物を求めて一日中雪山を歩き回りますが、山中で食べるものがなくなるとガマズミを探し出して口にし、身体を休めました。そのほか鎌の柄や輪かんじきの材料や加工食品、染料などに広く利用されています。

マツムシソウ スイカズラ科
マツムシソウ VC191108
ビジターセンターから道路を渡った右側にマツムシソウの花が咲いています。果実(種)もついています。 マツムシソウは2年草です。今年落とした種が来年(1年目に)発芽して葉のまま冬を越し、その次の年(2年目)に花が咲きます。

こちらは1年目の葉(ロゼット)です。
マツムシソウのロゼット VC191108

センブリ リンドウ科
センブリ VC191108
子どもの広場ススキ草原の端でセンブリが見頃です。2cmほどの小さな花ですが、上品で高貴さが感じられる花です。日が照ると花が開き、日が陰ると花は閉じます。

ウリハダカエデ ムクロジ科
ウリハダカエデ1 VC191108
自然学習路のウリハダカエデが、今ちょうど紅葉真っ盛りです。葉に光があたってとても美しいです。

ウリカエデ ムクロジ科
ウリカエデの葉 VC191108
ウリカエデのまだら模様の葉を観察しました。葉脈のところは緑色が残り、葉脈から離れたところは黄色に紅葉し始めています。葉を落とす前に、光合成した糖分やタンパク質・ミネラルなどを幹の方へ回収している段階と思われます。

ツルリンドウ リンドウ科
ツルリンドウ VC191108
ツルリンドウが赤い果実をつけていました。毎年この果実を見ると冬が近づいて来たと感じます。

リンドウ リンドウ科
リンドウVC191108
リンドウも今が見頃です。リンドウもセンブリと同じように苦い健胃消化薬です。これらに含まれる苦味成分が舌の味覚神経を刺激して唾液や胃液の分泌を促し消化を助けます。

アキノキリンソウ キク科
アキノキリンソウ VC191108
白百合台園地ではアキノキリンソウが咲いています。黄色の花がよく目立ちます。

リュウノウギク
リュウノウギク VC191108
箱根では一番遅く咲き始める晩秋の野菊リュウノウギクも咲き始めています。

本日のトップ10
1.  ガマズミ 果実
2.  センブリ 花
3.  リンドウ 花
4.  マツムシソウ 花
5.  ウリハダカエデ 紅葉
6.  ウリカエデ 紅葉
7.  スイカズラ 果実
8.  ツルリンドウ 果実
9.  ジョウビタキ 野鳥
10. タンザワフキバッタ 昆虫

箱根PV 高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する