FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年10月11日

台風19号が接近していて暴風雨にならないか心配でしたが、幸い風がなく、雨の合間を見つけてミニ観察会を開催することができました。このような天候にもかかわらず、4名のビジターさんに参加いただき、パークボランティア7名、合計11名の観察会となりました。
本日のテーマは「クモの巣(網)その2」、巣(網)を見ればクモの種類がわかるの2回目です。

ジョロウグモ ジョロウグモ科
網は円形、切れ目あり、3層構造
ジョロウグモVC191011
ジョロウグモは秋に成熟、今の時期は自宅周辺でも多く見られます。網の上のほうに、小さな同居するオスのクモが見えます。交尾をする機会を狙っているのですが、オスはメスに食べられる可能性があるのでじっとしています。網の左半分は古くなり、網目が粗くなっています。

オオヒメグモ ヒメグモ科
網は不規則形、構造物の隅に網を作る
オオヒメグモ3 VC191011
日本で一番多く見られるクモです。建物の隅などに網を作ります。網の上の二つの大きな袋は卵を入れている袋(卵のう)です。袋の周りに、生まれたクモが沢山ついているのがわかるでしょうか。

ビジョオニグモ コガネグモ科
網は円形、切れ目あり
ビジョグモVC191011
小さな秋のクモです。樹間に網を作りますが、いつもは葉上の網袋の中に隠れています。ここから糸が網のほうに伸びていて、網に餌が引っかかったらその糸で伝わります。
こちらがクモが隠れている葉です。手前に入り口があります。
ビジョグモ網

ノコンギク キク科
ノコンギク VC191011
ノコンギクは箱根で最もよく見られる野菊です。この季節ビジターセンター周辺ではいろいろな所で見ることができます。多数の頭花は茎の上部に同じ高さに集まって咲きます。

マツムシソウ スイカズラ科
マツムシソウ VC191011
マツムシソウは、果実になりかけていますが、花もまだ残っていました。雨の中で美しく咲いています。

ガマズミ ガマズミ科
ガマズミ VC191011
ビジターセンター入り口近くの庭にあるガマズミの実が、今年も赤い綺麗な実を沢山つけています。

ケヤキ ニレ科
ケヤキ VC191011
ビジターセンターから道路を横断したところに大きなケヤキがあります。まだ紅葉し始めです。毎年この木の紅葉が楽しみです。

本日のトップ10
1.  ジョロウグモ  クモ、巣(網)
2.  オオヒメグモ  クモ、巣(網)
3.  ビジョオニグモ  クモ、巣(網)
4.  マツムシソウ  花、果実
5.  ノコンギク  花
6.  ガマズミ  果実
7.  イヌタデ  花
8.  ヤマゼリ  花
9.  カケス  野鳥
10. ヒヨドリの群れ 野鳥

箱根PV  高橋


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する