FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報  2019年10月10日

 秋晴れの中、いつもの三人で登りました。金時山には秋の花が良く似合います。白い色の花はウメバチソウとダイモンジソウ、紫色の花はヤマトリカブト、黄色い花はアキノキリンソウが見頃でした。頂上では富士山がくっきり見えました。欧米の登山者が増えてきています。ファミリーの登山者に聞けばドイツからとのこと。箱根の自然をじっくり味わってもらいたいものです。公時神社登山口のトイレが改修中で今まで通りにトイレ前の駐車場は使用できません。ご注意ください。

ウメバチソウ     (ユキノシタ科)
分岐点周辺で見られました。今年は沢山花が咲き、例年より見事でした。名前の由来は花の形が紋章のひとつの梅鉢に似ているから。
ウメバチソウ金時191010

ダイモンジソウ   (ユキノシタ科)
金時山頂上付近で見られました。今年は例年より花が小さいですが、その分沢山咲いていました。名前の由来は花の形が「大」の字に似ているから。
ダイモンジソウ金時191010

ヤマトリカブト     (キンポウゲ科)
分岐点周辺で沢山咲いていました。関東地方の特産種です。名前の由来は花の形が雅楽に用いられる烏帽子(兜)に似ているところから。
ヤマトリカブト金時191010

セキアノアキチョウジ   (シソ科)
シカが食べたのでしょうか例年より少なく感じました。乙女峠の下りでひそかに咲いていました。名前の由来は箱根の関所の建物近くで見つかり、秋咲きで「丁字」に似た花をつけることから。
セキアノアキチョウジ金時191010

リュウノウギク    (キク科)
登山道脇で沢山見られました。他の野菊より花が大きく、葉がグローブの様な形に見えます。葉を揉むと竜脳(シュンギクのような)香りがします。
リュウノウギク金時191010

ホトトギス    (ユリ科)
分岐点周辺で咲いていました。名前の由来は鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることから。
ホトトギス金時191010

リンドウ   (リンドウ科)
分岐点周辺で咲いていました。根は古くから健康胃剤に使用されています。名前の由来は熊胆よりも苦く、竜の肝に似ることから。
リンドウ金時191010

センブリ   (リンドウ科)
長尾山周辺で咲いていました。別名は当薬、苦草。名前の由来は千回降り出しても苦味が消えないことから。
センブリ金時1910101

ナンキンナナカマド   (バラ科)
金時山周辺で赤い実をつけていました。ナナカマドとの違いは全体に小型で枝葉はまばらにつくので貧弱な感じがし、葉は丸いです。名前の由来は七度かまどに入れても燃え残るほど燃えにくいから。
ナンキンナナカマド金時191010

オトコヨウゾメ   (レンプクソウ科)
分岐点周辺で見られました。例年は多く実をつけるのですが、今年はわずかに実をつけていました。ヨウゾメはカマズミの地方名です。他の果実は生食できるがこの果実は苦くて食べられないので「男」をつけたとのこと。
オトコヨウゾメ金時191010

アキアカネ  (トンボ科)
長尾山周辺で飛んでいました。初夏に羽化した成虫は山へ移動し、秋に水田に舞い戻り、産卵する。ナツアカネに似るが、胸の黒いすじが異なる。
アキアカネ金時191010

本日のトップ10
①ウメバチソウ    満開
②ダイモンジソウ    満開
③ホトトギス       満開
④リュウノウギク    満開
⑤ヤマトリカブト    満開
⑥セキアノアキチョウジ  花
⑦アキノキリンソウ     花
⑧リンドウ           花
⑨センブリ          花
⑩キントキシロヨメナ    花

箱根PV  原田育生
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する