FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

10月9日芦ノ湖西岸自然情報

気温18度、天候晴れ、PV3名での自然情報収集でした。
箱根町港を8:45出発、三ツ石まで約1時間かかるほど、見るものがたくさんありました。
夏の花は終わりに近づき、秋の花々が見頃を迎えていました。
この区間は主にタデ科の植物が多く観察できました。
ミズヒキは実になり、ミゾソバやアキノウナギツカミが咲き誇っていました。

西岸 アケボノソウ 20191009

アケボノソウ リンドウ科
和名は「曙草」で、黄色い蜜腺を夜明けの月に、濃紫色の斑点を星に見立てたものです。

ミゾソバ 西岸 20191009
ミゾソバ タデ科
葉の形の模様と形状から、別名「ウシノヒタイ」。

また先月の自然情報収集ではイマイチな感じだったノコンギクは花盛りでした。
ノコンギク 西岸 20191009
ノコンギク キク科

季節的にクモも多く観察でき、中でも、イシサワオニグモやジョロウグモ、ヤマシロオニグモなどが観察できました。
西岸 イシサワオニグモ 20191009
イシサワオニグモ コガネグモ科

三ツ石~白浜では、アキノキリンソウ、イヌヤマハッカ、サワガニ、ヤマトリカブト、鳥類ではソウシチョウの群れなどが観察できました。

西岸 アキノキリンソウ 20191009

アキノキリンソウ キク科
秋の代表的な花であり、薬効もあるそうです。

西岸 イヌヤマハッカ 20191009
イヌヤマハッカ シソ科

ヤマトリカブト 西岸 20191009

ヤマトリカブト キンポウゲ科
言わずと知れた猛毒植物です。一部漢方薬として利用されていますが、決して食してはいけません。

サワガニ 西岸 20191009

サワガニ サワガニ科

白浜では久々に浜伝いを歩いて遊歩道へ戻り、真田浜で昼食。
3組7名のハイカーが食事をしていました。

真田浜~立岩では、コウヤボウキやアズマヒキガエルなどを観察できました。

コウヤボウキ 西岸 20191009

コウヤボウキ キク科

立岩~小杉ノ鼻では、ハコネシロカネソウが1輪花をつけていました。
また、ナラ枯れのミズナラの根元にカエンタケの小さな群落があったりしました。
カエンタケ 西岸 20191009

カエンタケ ボタンタケ科
毒性が非常に強いので、触ることも禁物です。
決して食してはいけません。
食用になる、ベニナギナタタケと誤食して死に至った事例もあります。

参考:ベニナギナタタケ 8月25日黒岳コースにて
ベニナギナタタケ 20191009


小杉ノ鼻~亀ヶ崎では激しいシカの角研ぎ跡があったり、コゲラやカケスがいたり。

亀ヶ崎~深良水門ではアセビやキブシの花芽が観察できました。

深良水門の水深は2.1m

深良水門~湖尻水門では、シロヨメナの大群落に感動しました。
シロヨメナ 西岸 20191009

シロヨメナ キク科

また、ホオズキも観察できました。

ホオズキ 西岸 20191009

ホオズキ ナス科
毒性が強く、特に女性の方は食すのは禁物です。

15:42キャンプ村着。
芦ノ湖からの風が冷たく感じましたが、一日中好天に恵まれ、楽しい自然情報収集となりました。

今回のコースタイム
箱根町港8:45-三ツ石9:57-白浜11:10-箒ヶ鼻11:53-百貫ノ鼻12:16-真田浜12:35-13:01-立岩13:29-小杉ノ鼻13:52-亀ヶ崎14:34-深良水門14:58-15:05-キャンプ村15:42

トップ10
①シロヨメナ
②ノコンギク
③アキノキリンソウ
④アケボノソウ
⑤ヤマトリカブト
⑥イヌヤマハッカ
⑦コウヤボウキ
⑧イシサワオニグモ
⑨サワガニ
⑩カエンタケ

箱根PV 段








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する