FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年9月13日

連日の猛暑から一転、気温18℃、爽やかな秋の気配です。ビジターさん9名(内2名の方が初めての参加)、パークボランティア11名のミニ観察会です。本日のテーマは「秋の七草」です。秋の七草とは、ハギ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、クズです。
子供の広場のススキ草原には、今多くの秋の七草が出ています。

オミナエシ スイカズラ科
オミナエシ VC190913
オトコエシより優しい感じから付けられた名前のオミナエシ。秋の七草のひとつです。ススキ草原の中に黄色が目立ちます。

マルバハギ マメ科
マルバハギ VC190913
マルバハギもススキ草原の中で目立ちます。他のハギより葉が丸いことからマルバハギと名前がつけられています。イチモンジセセリが、南から台風に乗って来て、マルバハギにとまっていました。

キントキヒゴタイ キク科
キントキヒゴタイ VC190913
キントキヒゴタイはまだ蕾でした。総苞が鐘状になっています。茎下部の葉がスペード形になっていることや、バイオリン形に湾入したりするので見分けられます。

オオバウマノスズクサ ウマノスズクサ科 
オオバウマノスズクサ VC190913
6月に花を観察した自然学習路の同じ木にオオバウマノスズクサの果実がついていました。1年を通じて蕾、花、果実、種子と観察していくのは楽しいです。

ミズナラのナラ枯れ
ミズナラのなら枯れ VC190913
自然学習路から入った林の中でミズナラのナラ枯れを観察しました。カシノナガキクイムシが媒介するナラ菌によって引き起こされ、菌が大量繁殖することで樹木は2~3年で一斉に枯死してしまう病気です。箱根でも外輪山などでもナラ枯れが見られ、何らかの対策はされているようですが、深刻な状況です。

カエンタケ ボタンタケ科
カエンタケ VC190913
ミズナラのナラ枯れの近くにカエンタケが出ていました。ナラ枯れの後に、枯れた切り株などに発生するキノコです。手指状と形容されたり、その赤い色はまさに「火炎の如し」です。最強の猛毒キノコとも言われています。

ボントクタデ タデ科
ボントクタデ VC190913
水辺や湿地に生えるタデ科の植物です。葉に辛味にあるヤナギタデ(若芽をお刺身のつまに使う)に似ているが辛味がないことから付いた名と言います。野鳥小屋の池で観察しました。

ツルリンドウ リンドウ科
ツルリンドウ VC190913
つる性の多年草です。淡紫色で筒形の花は、冬になると赤紫色の果実が美しいです。高原ホテルへの道の林に毎年増えてきています。

エリマキツチグリ ヒメツチグリ科
エリマキトツチグリ VC190913
ツチグリは園地でもよく見かけますが、エリマキツチグリは初めてです。外皮が袋状の部分を襟巻き様に囲んでいます。

本日のトップテン
1.  秋の七草(マルバハギ、ススキ、オミナエシ)
2.  キントキヒゴタイ  蕾
3.  ツルリンドウ  花
4.  ミズナラのナラ枯れ
5.  カエンタケ  菌類
6.  ボントクタデ  花
7.  ルリボシヤンマ  昆虫
8.  カケス  野鳥
9.  コゲラ  野鳥
10. エリマキツチグリ  菌類

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する