FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年8月23日

当日の天気は生憎の雨にもかかわらずビジター3名、PV5名と合計8名でした。傘をさしながらの観察でした。見頃を迎えた植物を中心に名前の由来を学習しました。ツリガネニンジン、マツカゼソウ、ワレモコウ、オミナエシなど、秋を感じさせる花が見頃を迎えていました。天気の影響か、昆虫類はあまり見られず、野鳥類も声のみの観察で姿は見ることは出来ませんでした。少人数でしたが、和気藹々とした観察会になりました。

ツリガネニンジン   キキョウ科
雨空の暗い中で雫が花に付き幻想的です。名前の由来は、花がお寺の「釣鐘」に似て、地下の根が高麗人参の根に似ているのことによる。
ツリガネニンジン(1)VC190823

マツカゼソウ   ミカン科
箱根に増えているシカは食べないようです。名前の由来は秋風に吹かれる草姿に、ある趣が感じられるということから。
マツカゼソウVC190823

コオニユリ  ユリ科
アゲハチョウの仲間が蜜を求めて飛来する。蜜を吸うときに前に突き出た雄しべが翅に触れて花粉が運ばれ、他の花の雌しべに付着します。名前の由来は花が橙赤色で赤鬼の顔に似て、オニユリより小型による。
コオニユリ(1)VC190823

タマアジサイ  アジサイ科
コガネムシ、カミキリムシなどの飛翔が下手で体が重たい甲虫が花粉を求めて止まる。名前の由来は開花前の花序が総苞に包まれて球状をしているのから。
タマアジサイVC190823

ツリフネソウ   ツリフネソウ科
トラマルハナバチが蜜を求めて花に潜り込んでいました。この時に背中に花粉が付き運ばれます。名前の由来は花がぶら下がっている姿が花器の「釣舟」に似ていることによる。
ツリフネソウVC190823

オミナエシ  オミナエシ科
名前の由来はオミナエシの黄色い花を粟飯に、オトコエシの白い花を白飯の説がある。植物の名前に男尊女卑が現れている。これは名前をつけた当時の学者は男性だったためと思われる。
オミナエシVC190823

ワレモコウ バラ科
名前の由来は諸説あり。「吾木香」と書き、この植物の根や茎に香りがあることによる説。「吾亦紅」と書き、茶褐色であまり目立たない存在だけれど、自分も紅色だと控えめながら主張しているからという説。「割木瓜」と書き、宮中の御簾(みす)の「帽額(もこう)」に織り込む家紋に使われる木瓜紋もしくは、木瓜に似た花のつぼみが十字に割れることによる説。
ワレモコウVC190823

サワヒヨドリ キク科
名前の由来は湿った草原に生えるからサワが付いてサワヒヨドリ。ヒヨドリは鳥の鵯が鳴く頃に咲くからと言う説。しかし、ヒヨドリはいつも鳴いている、秋頃は群れをなして渡るのでこの時期との説もあるが時期は合わない。鵯花ではなく火取花と言う説、乾かした花がらは火織しの材料になるから。
サワヒヨドリVC190823

トンボソウ  ラン科
今年は箱根でトンボソウをよく見かけます。VC周辺でも咲いていました。名前の由来は花の様子がトンボに似ていることから。
トンボソウVC190823

ツチアケビ  ラン科
今年はランの当たり年でしょうか、箱根で沢山見かけます。VC周辺でも見かけました。葉緑素を持たない腐生植物でナラタケ菌
と共生する。名前の由来は土から生えてアケビのような実をつけるから。ソーセージの様に見ます。
ツチアケビVC190823

本日のトップ10
①ツリガネニンジン    花
②マツカゼソウ      花
③コオニユリ        花
④タマアジサイ      花
⑤ツリフネソウ       花
⑥トラマルハナバチ   昆虫
⑦オミナエシ        花
⑧ワレモコウ       花
⑨サワヒヨドリ       花
⑩カケス          野鳥、鳴き声

箱根PV 原田育生
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する