FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年8月9日

連日猛暑が続いています。朝は霧が立ち込めて涼しかったのですが、ミニ観察会の始まるころにはまた暑い日差しに戻っていました。ビジターさん10名(うち初めて参加のかた4名)、パークボランティア9名、合計19名のミニ観察会です。
本日のテーマは「いろいろな木の実(草の実)夏編」です。秋の花はまだこれからですが、多くの木々やつる性植物が沢山の実をつけています。

ヤブデマリ ガマズミ科
ヤブデマリ VC190809
ヤブデマリの赤い実が美しいです。短枝の葉腋に揃って花序を出すので、花や実は一列に並びます。

アブラチャン クスノキ科
アブラチャン1VC190809
アブラチャンも実を付けています。触ってみましたがまだ油っぽくありません。9月~10月頃には緑黄褐色に熟します。

サンショウ ミカン科
サンショウ VC190809
サンショウは青い実をつけています。このような未熟の実は佃煮に使われ、9月以降に完熟した赤い果皮は乾燥させて粉山椒に使われます。

イヌザンショウ ミカン科
イヌザンショウ1 VC190809
イヌザンショウの実は葉の先に付きます。葉の中に実が付くサンショウと比べて実が上に出ているので見分けられます。サンショウに比べて小葉が細長く鋸歯が細かいです。

コバギボウシ クサスギカズラ科
コバギボウシ VC190809
ビジターセンター園地のあちらこちらでコバギボウシが咲き始めています。花弁の内側に濃紫色の脈があるのが特徴です。

アキノタムラソウ シソ科
アキノタムラソウ VC190809
アキノタムラソウもあちらこちらで出始めました。

ツルニガクサ シソ科
ツルニガクサ VC190809
子供の広場近くではシソ科のツルニガクサが咲いていました。名前はツルニガクサですが、地上につるは見えず、地下に細長い走出枝を出します。

トンボソウ ラン科
トンボソウ VC190809
トンボソウがひっそりと咲いていました。気をつけて探さないと見落としてしまいそうです。花をトンボに見立ててつけられた名前のようです。花は5mmほどで小さく可憐です。葉は下部に2枚つけています。

シオカラトンボ
シオカラトンボ VC190809
花の広場でシオカラトンボのメスを見つけました。メスや未成熟のオスは、黄褐色の体に小な黒い斑紋が散在するので「ムギワラトンボ」とも呼ばれます。

今日はとても暑い観察会でした。日陰を見つけながら移動して観察しました。本日初めて参加されたビジターさんが、「箱根は観光地だけでなくこのような自然がいっぱいの所があるんですね、パワーをもらいました」と感想をおっしゃっていたのが嬉しかったです。

本日のトップ10
1.  ヤブデマリ  果実
2.  ゴマギ  果実
3.  アブラチャン  果実
4.  キブシ  果実
5.  トンボソウ  花
6.  コバギボウシ  花
7.  アキノタムラソウ  花
8.  ホオジロ  野鳥
9.  ゴマダラカミキリ  昆虫
10. シオカラトンボ  昆虫

箱根PV 高橋


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する