FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年7月26日

まだ梅雨は空けていませんが、朝から晴れて太陽が見えています。ビジターさん9名に参加いただき、パークボランティア8名、合計17名のミニ観察会です。本日のテーマは「リョウブ・ススキ草原の花々」です。
ここ箱根ビジターセンター園地は、高さ634mの東京スカイツリーよりさらに100m以上登ったところ、花々を揺らしている風が見えるのを感じてくださいとの当番ボランティアの解説からスタートしました。

ユウガギク キク科 シオン属
ユウガギク VC190726
気が付くと足元にユウガギクが静かに咲き始めていました。夏の初めから咲き始めて9月頃まで咲く野菊です。

オカトラノオ サクラソウ科 オカトラノオ属
オカトラノオ VC190726
花の広場草原には今いろいろな花が群生しています。ここ周辺園地は、仙石原湿原と同じような花が咲き、湿原の植物も多く観察できます。
オカトラノオは、一度垂れた穂先の先端が少し上を向く形状が虎の尻尾に見えます。花は下から咲き上がり、垂れる山の所に咲く花がちょうど受粉適期で花粉を出し虫を呼んでいます。

ヌマトラノオ サクラソウ科 オカトラノオ属
ヌマトラノオ VC190726
オカトラノオの群生の側で、同じサクラソウ科のヌマトラノオも群生しています。オカトラノオとよく似ていますが果穂を垂らさず直立しています。

クサレダマ サクラソウ科 オカトラノオ属
クサレダマ VC190726
クサレダマも同じ草原に群生していました。こちらもサクラソウ科です。葉は対生で茎に互い違いにつきます。

チダケサシ ユキノシタ科 チダケサシ属
チダケサシ VC190726
チダケサシの群生も見ごたえがあります。花茎の先に淡紅色の小さな円錐花序の花をたくさん付けています。

ヤマユリ ユリ科 ユリ属
ヤマユリ VC190726
ヤマユリが岩の隙間から花を出していました。最近はイノシシが増えてヤマユリの根が食べられてしまい、このように岩のところに残っていることが多いです。

リョウブ リョウブ科 
リョウブ VC190726
白百合台園地のリョウブの花が満開です。名前のリョウブ「令法」は官令により植栽を命じたことからが由来です。花の香がすごく、コガネムシ類や小型のカミキリムシ類、ハチ類など、多くの昆虫を引き寄せます。

ウツボグサ シソ科 ウツボグサ属
ウツボグサ VC190726
白百合台にウツボグサの群生がありましたが、残念ながら観察会の直前の草刈りですっかり刈られてしまいました。草刈りから外れた端にウツボグサがまだ残っていました。花には丸い苞があり、それが弓の矢を入れる靭(うつぼ)に似ています。

エゴノネコアシ 虫えい
エゴノネコアシ VC190726
花の広場のちょうど見やすい高さにエゴノネコアシがあり、皆でじっくりと観察しました。これはエゴノネコアシアブラムシがつくっている虫えい(虫こぶ)です。もともとはエゴノキの側芽なのですが、このアブラムシの刺激によって、“ネコの足先”のように形成されました。まるで花か実のように見えますね。


本日のトップ10
1.  リョウブ
2.  ウツボグサ
3.  クサレダマ
4.  オカトラノオ
5.  ヌマトラノオ
6.  チダケサシ
7.  ヤマユリ
8.  オオウラギンスジヒョウモン 昆虫
9.  ヒグラシ 昆虫
10. エゴノネコアシ  虫えい

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する