FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2015年11月27日

ビジターさん12名、パークボランティア11名、総勢23名でビジターセンター周辺ミニ観察会を開催。
本日は野鳥観察が中心の観察会でした。
なかなか思い通りには野鳥は姿をみせてくれません。
昨日はカシラダカ、ジョウビタキ、ベニマシコ、ルリビタキが観察できたそうです。

ルリビタキはツグミ科の青い色の美しい鳥です。
ルリビタキ (5)

ベニマシコはアトリ科の紅色の鳥です。
ベニマシコ完

本日は気温4℃と寒い一日でした。花もほとんど終わっています。
センニンソウやコボタンヅルの種が羽毛状の毛をつけています。

コボタンヅル
コボタンヅル1


これからの季節にはいろいろな冬芽が観察できます。
今日もいろいろな冬芽を観察しました。

虫を寄せ付けないネバネバの樹脂でコーティングされたトチノキの冬芽です。
トチノキ (1)

コブシは毛皮をまといます。
コブシ (1)

ピエロの顔のような木肌の冬芽。
キハダ (1)

タイアザミにはアザミオオヒゲナガアブラムシという昆虫がついていました。
赤いほうはその幼虫です。どうやって越冬するのでしょうか?
アザミオオヒゲナガアブラムシ(有翅型)

本日のトップ10
1.カシラダカ
2.ジョウビタキ
3.ベニマシコ
4.ルリビタキ
5.トチノキの冬芽
6.コブシの冬芽
7.キハダの冬芽
8.コボタンヅルの種
9.センニンソウの種
10.アザミオオヒゲナガアブラムシ

箱根PV 高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する