FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2019年7月1日

朝から雨が降り続きます。小雨ぐらいを願いながら集合場所に向かいました。いつものコースを歩くのは少々気がかりな下りがあり危険を避けるために尾根道の往復にするのか相談しました。今回は集合場所から道の往復を観察しました。その後、雨の中での昼食もできず茶房(佐藤)にてお弁当を頂きながらトップ10のまとめをしました。


ホソバコガク (ユキノシタ科 アジサイ属)  別名:アマギアマチャ
 千条の滝の手前に見事なホソバコガクの花が目立ちました。ホソバの名前の通り葉が細いのが特徴ですがヤマアジサイとの見分けに注意が必要です。
ホソバコガク湯坂路190701

「千条の滝」説明版が新しくなっていました。
看板湯坂路190701

ツチアケビ  (ラン科 ツチアケビ属) 別名:ヤマノカミノシャクジョウ
 葉緑素をもたない腐生植物。まだ蕾の状態でした。この場所で出会うのは2度目です。次回歩く日に花が見られるでしょうか?
ツチアケビ湯坂路190701

テイカカズラ  (キョウチクトウ科 テイカカズラ属)
 つる性の植物で茎から根を出して樹木などの絡みつきます。花はらせん状に捻じれた花弁で白色、直形2~3cmです。遠くの木に絡まっていましたので良い香りを確認できませんでした。
テイカカズラ湯坂路190701

シロバナイナモリソウ  (アカネ科 イナモリソウ属)
 葉裏脈状に毛があります。葉は対生で上部の葉腋に数個つけます。花冠は白色で先が5つに裂けて先は尖っています。千条の滝に向かう足元にもう咲いていました。
シロバナイナモリソウ湯坂路190701

ジュウモンジシダ  (オシダ科 イノデ属)
 歩きながら崖になっているところに美しいこのシダを見つけました。このシダは冬には枯れる夏緑性のシダです。学名のiptevon(トリプテトン)は三翼との意味があります。
ジュウモンジシダ湯坂路190701

アカショウマ   (ユキノシダ科 チダケサシ属)
 多年草。葉は3回3出複葉で光沢はありません。白い小さな花を円錐状に沢山つけます。よく見ると小さな花に5枚の花弁があります。尾根道ではこの仲間のフジアカショウマが観察できます。
アカショウマ湯坂路190701

オオバジャノヒゲ  (ユリ科 ジャノヒゲ属)
 尾根道から千条の滝に下ってくる途中には沢山見られますが駐車場から歩き足元に咲いているのに気づきました。多年草、花は下向きに咲き花被片は6枚あります。
オオバジャノヒゲ湯坂路190701

ウマノミツバ   (セリ科 ウマノミツバ属)
 食べられない三つ葉の意味があるそうです。 葉の脈がはっきり見られます。茎の先に目立たない花が付きます。花は小さな花が集まっていて白い花の中心に両性花があり周りは雄花です。
ウマノミツバ湯坂路190701

ノキシノブ  (ウラボシ科 ノキシノブ属)
 岩や樹上に着生する常緑のシダです。千条の滝、近くの流れのある崖に見られました。胞子のついた葉がはっきり見られました。雨の中で美しいです。湯坂路ではヒメノキシノブの小型なシダも見られます。
ノキシノブ湯坂路190701

サワガニ  (サワガニ科)
千条の滝近くの苔むした岩の上に大小数匹のサワガニがいました。
サワガニ湯坂路190701

コアジサイ  (アジサイ科 アジサイ属)
 この時期すでに花は終盤でした。落葉低木で尾根道から下る山道には沢山見られますが今回は歩けず道路わきで観察しました。ほかのアジサイのような装飾花はなく小さな花がまとまっています。花時期には良い香りがします。
コアジサイ湯坂路190701

ヤマグワ   (クワ科  クワ属)
 落葉低木~高木。前回、花を観察しましたが熟した果実がもう見られました。雌雄異株ですからこの木は雌株だったのです。完熟した実は美味しく食べられます。
ヤマグワ湯坂路190701

クリ   (ブナ科 クリ属) 
 足元に落ちていた枝です。足を止めて花を観察、雄花、雌花を手に取ってみることが出来ました。果実が黒味を帯びている「クロ」が転じてクリとなったとか?
クリ湯坂路190701

イワガラミ  (アジサイ科  イワガラミ属)
 落葉の木でつる性です。遠くに白い一枚の装飾花を雨に中で樹木に絡みついています。岩や木に絡みつくところからつけられた名前です。
イワガラミ湯坂路190701

ナワシロイチゴ゙  (バラ科 キイチゴ属)
 茎には棘が散生しています。茎は蔓状に伸びて地面を這っています。葉は3出複葉で縁には荒い鋸歯があります。花は紅紫色で花弁は開きません。稲の苗代を作るころに果実が熟すところから付けられたようです。
ナワシロシチゴ湯坂路190701

ニガイチゴ  (バラ科  キイチゴ属)
 林縁のやや荒れたところに見られました。枝は粉白色を帯びて沢山の棘があります。葉の裏面は粉白色で花は白く上を向いて咲きます。赤い果実が沢山ついていました。実が食べると苦いところからつけられた名前のようです。一度食べてみたいところです。
ニガイチゴ湯坂路190701

《本日のトップ10》
①ツチアケビ
②オオバジャノヒゲ
③シロバナイナモリソウ
④バライチゴ
⑤シモツケソウ
⑥ヤマボウシ
⑦アカショウマ
⑧ホソバコガク
⑨ミツバウツギ(果実)
⑩サワガニ

箱根PV 山本
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する