FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2019年6月13日

 梅雨の晴れ間で今日は絶好の観察日でした。植物は水を得て生き生きしており、野鳥はこの日ばかりと囀っていおり、昆虫は吸蜜していました。春の花から初夏の花への端境期でしょうか、サンショウバラ、ニシキウツギ、ヤマツツジは花びらを落とし始めていました。ヤマアジサイ、シモツケは今にも咲きそうでした。今日の一番の花はタンナサワフタギです。白い花が沢山咲いていました。金時山でこんなに咲いているのを見たのは初めてでした。甘い香りを誘われてトビイロカミキリ等の虫が吸蜜していました。鳥はミソサザイ、コルリ、ヤブサメが登山道脇で盛んに囀っていました。長い雨の後の久しぶりの縄張り宣言だったのでしょうか。
 花、鳥、虫を生き生きと感じた観察会でした。

タンナサワフタギ    (ハイノキ科)
乙女峠からの下りの登山道で谷筋川に見られました。落葉低木または小高木でよく枝分かれしている。この状態を沢をおおうようになるのでサワフタギとした。タンナは、発見地の済州島の古い呼び名。
タンナサワフタギ金時190613

トビイロカミキリ   (カミキリムシ科)
タンナサワフタギにいました。箱根ではよく見るカミキリムシと言われていますが、箱根で始めて見ました。
トビイロカミキリ金時190613

ヤマツツジ    (ツツジ科)
初夏の箱根の山を飾る代表的なツツジです。分岐点、金時山周辺の日照の強い尾根筋咲いていました。花びらは落ちており満開は過ぎ終わりに近づいていましたが、綺麗な色で沢山咲いていました。雌雄同株、両性花です。
ヤマツツジ金時190613


ニガナ      (キク科)
金時山から長尾山にかけての鞍部で沢山咲いていました。根生葉は長い柄、茎葉は柄がなく茎を抱くています。葉や茎に苦味のある白い乳液を含む為、苦菜(ニガナ)の名前があります。菜と付いているからには食べられるはずであるが、余り食べない。
ニガナ金時190613


コゴメウツギ    (バラ科)
分岐点周辺で咲いていました。たくさんの小さな白い花をつけている木です。 蕾は、ちょうど米つぶのように見えます。小さな花はなかなかに繊細です。
コゴメウツギ金時190613

シモツケ     (バラ科)
金時山頂上周辺に沢山ありました。もうじき咲いて可憐なピンク色の花を見せるでしょう。名前の由来は下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)で(染料用に)栽培していたことによる。
シモツケ金時190613

ヤマアジサイ  (ユキノシタ科)
公時神社周辺にありました。もうじき咲きそうです。葉は長楕円形~卵状楕円形です。名前の由来は山に生えるアジサイ。
ヤマアジサイ金時190613

フタリシズカ     (センリョウ科)
麓で咲いていました。名前の由来は花を静御前の亡霊二人の優美な舞姿にたとえたとか。
フタリシズカ金時190613

コウガイビル
金時山から長尾山に向かう登山道で見かけました。カタツムリに絡みついているように見えます。カタツムリを食べるようです。コウガイとは笄で昔女性がまげに挿して飾りにした櫛のこと。頭の形が笄に似ているのでこの名前が付いたようです。
ヤマビル金時190613

林道の工事
仙石原から南足柄に向かう林道の工事が急ピッチで進んでいました。
工事中金時190613

本日のトップ10
1.タンナサワフタギ   満開
2.ヤマツツジ       花
3.ニガナ         花
4.コアジサイ       花
5.ニシキウツギ     花
6.ヤマアジサイ     花
7.シモツケ        もうじき開花
8.ホトトギス       野鳥、囀り
9.コルリ         野鳥、囀り
10.ヤブサメ      野鳥、囀り

箱根PV 原田育生


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する